若い世代でも要注意!若年性更年期障害とは

更年期障害とは、更年期(閉経を迎える前後10年間)に、卵巣機能の低下によるホルモンバランスの乱れが原因で発症するさまざまな諸症状が重症化したものを指します。しかし、更年期よりも若い30代後半から40代前半でも更年期障害に似た症状が現れることがあります。

まだ若いからと気にしないのではなく、今のうちから更年期障害について学んでおき、若年性更年期障害にならないよう、そしてこれから迎えるかもしれない更年期障害に備えておきましょう。

更年期障害とは?

更年期は、個人差はありますが、閉経前後10年間、歳にすると45歳から55歳ごろを指します。この頃になると卵巣機能が低下し閉経へと向かいます。卵巣は女性ホルモンのエストロゲンを分泌しており、卵巣機能が低下するとエストロゲンの分泌も減少してしまいます。

卵巣機能は低下しますが、脳は通常通り必要に応じてエストロゲンの分泌を命令します。しかし、卵巣は命令を受け取っても機能が低下しておりエストロゲンを要求通りに分泌することができません。このことで、脳は混乱してしまいます。

脳の下垂体と視床下部は、卵巣へのホルモン分泌要求に関わっている部分です。そして、視床下部は自律神経を司る部分でもあります。つまり、卵巣からエストロゲンを分泌できずに起きた混乱は、視床下部および自律神経にも影響してしまうのです。

自律神経が乱れると身体や精神面での不調が起きやすくなります。こうした更年期のホルモンバランスの乱れで起きる不調を更年期症状、その症状がつらく重症化したものを更年期障害と呼んでいます。

どうして若年性更年期障害になってしまうのか?

だれもが気になる自分の体型。特に若い頃には見た目が気になるので、ダイエットをした経験もある女性は8割を超えます。しかし、体型を気にしすぎるあまり無理なダイエットを続けていると、食生活のバランスはどうしても崩れてしまいます。

食生活や生活習慣の乱れによって卵巣の働きは低下し、ホルモンバランスは簡単に乱れてしまいます。また、仕事やプライベートで何かと忙しいときには、どうしてもストレスが溜まってしまうものです。過度なストレスを受け続けてしまうことは、自律神経の不調を招いてしまいます。

更年期よりも若い女性でもダイエットやストレスなどによるホルモンバランスの乱れと自律神経の不調が原因で、若い女性でも更年期障害のような症状が現れてしまうことがあります。これを若年性更年期障害と呼びます。若年性更年期障害の主な症状としては、ホットフラッシュ(のぼせ)・スウェッティング(多汗)といった身体に現れる症状、うつ・不安・イライラなど精神的な症状などがあります。

若年性更年期障害にならないためには

若年性更年期障害も、更年期障害もホルモンバランスの乱れが原因です。若年性更年期障害であれば、生活習慣やダイエットのやり方など、思いあたるところを見直してあげることでホルモンバランスを正常に戻すことも可能です。しかし、仕事やプライベートなどで忙しくしているときに生活習慣を見直すことはなかなか難しいものです。

そんなときには、身体の中で女性ホルモンの代わりに働いてくれるエクオールと呼ばれる成分を摂取することが重要です。エクオールとは、大豆イソフラボンの中に含まれるダイゼインという成分から腸内細菌によって作られる成分で、更年期障害の症状を和らげてくれる作用があります。そのため大豆イソフラボンを多く含む納豆や豆腐を食べるようにするといいでしょう。

若年性更年期障害に悩まされる人は、引き続き更年期障害にも悩まされるケースも多くあるようです。備えあれば憂いなしというように、不安な人は今のうちからしっかり対策をしておくことが大切です。

エクオールの働きとは

エクオールは女性ホルモンに似た働きをするため、更年期の女性が摂取することで更年期障害をやわらげる働きがあります。それ以外にもエクオールには様々な働きがあると言われています。

エストロゲン様作用

エクオールは女性ホルモンであるエストロゲンに似た形をしているため、女性ホルモンと似た働きをします。そのためエストロゲンの減少により起こる更年期障害をやわらげる働きがあります。

抗酸化作用

身体が酸化することにより、老化の原因になると言われています。身体の酸化はストレスや紫外線など様々な原因により起こりますが、エクオールには身体の中から酸化を防ぐ抗酸化作用があると言われています。

抗酸化作用のある食品といえばカロテノイドを含むトマトやスイカ、またポリフェノールを含むブルーベリーや緑茶などが有名です。さらに抗酸化作用の強い成分といえば、鮭やカニ、エビに豊富に含まれるアスタキサンチンがあります。最近では「水素」も抗酸化作用があると話題になっています。

抗エストロゲン作用

エクオールはエストロゲン様作用があるとともに、抗エストロゲン作用もあります。過剰なエストロゲンに対して、エストロゲンの働きを抑えてホルモンバランスを整えます。女性ホルモンであるエストロゲンが減少することで更年期障害の原因になりますが、エストロゲンは過剰分泌すると乳がんなどの原因になると考えられています。

抗アンドロゲン作用

男性ホルモンであるアンドロゲンは薄毛や脱毛の原因であると考えられています。アンドロゲンの95%を占めるテストステロンは「5α-リダクターゼ」という酵素によりDHT(ジヒドロテストステロン)という物質に変化されます。これによりTGF-βという脱毛因子と呼ばれるタンパク質が生成されます。TGF-βはヘアサイクルで重要な髪の毛の成長期を短くすると考えられています。それが結果的に薄毛や脱毛の原因になると言われています。

エクオールには過剰なアンドロゲン分泌を抑制する働きがあります。

大東製薬工業「男性ホルモンについて」(外部サイト)

エクオールはすべての人が作れるわけではい?

様々な効果が期待できるエクオールですが、大豆イソフラボンを毎日きちんと摂取したからと言って、すべての人が体内でエクオールを作ることができるというわけではありません。腸内細菌であるエクオール産生菌が居なければ、大豆イソフラボンをどんなに摂取してもエクオールを作ることができません。

このエクオール産生菌は、子供の頃の食事などによって決まり、大人になってから住まわせることは難しいと言われます。そして、日本人女性の半数はこのエクオール産生菌を持っていないのです。

若年性更年期障害にも効果的なエクオールですが、大豆イソフラボンから摂取を考えている場合は一度エクオール検査をしてみるといいでしょう。エクオール検査は、エクオール産生菌を持っているかどうかを尿などから調べる検査で、病院だけでなく、インターネットで検査キットを購入して手軽に検査することが可能です。

手軽で確実なエクオールサプリもオススメ

大豆イソフラボンからエクオールを摂取するのももちろん良いのですが、エクオールを作ることができない体質の人もたくさんいます。
また大豆製品を毎日食べるというのは、習慣がない人にとっては案外難しくストレスがかかることもあります。

そんな時はエクオールサプリでエクオールを摂取することもオススメです。エクオールサプリであれば、効果的とされる1日の摂取目安量10mgのものが多いので、必要量を簡単に摂取できます。エクオール産生菌の有無に関わらず、誰でも手軽にエクオールを摂取できます。

エクオールサプリには、エクオールの他にも効果的な成分が配合されているものもあるので、どういった種類があるのか一度チェックしてみるといいでしょう。エクオールサプリは、更年期の女性だけでなく、忙しくホルモンバランスを崩しやすい様々な年代の女性に注目されているサプリメントです。

当サイトのイチオシ商品は?

どれにするか迷ったら、コレで間違いなし!

AMCのエクオールサプリは、エクオール研究の専門医との共同開発配合成分、安全性、人気、口コミ、どれをとっても文句なしのNo.1!

エクオール配合量は業界トップクラスの10mg配合。エクオール産生を助けるラクトビオン酸を配合しているのは本当に貴重です。

サプリメントとしての価格は高めです。しかし、「これでつらい更年期障害が楽になるなら安い買い物」と決意して購入される方も多数。原則、定期便でのお届けですが、初月解約OKなので安心してお申し込みできます。