知っておきたい更年期障害の原因と症状

閉経に伴う心と身体の不調を「更年期障害」といいます。多くの場合、40代後半から50歳前後に発症します。女性特有の症状と思われがちですが男性にも発症することが分かっています。女性場合、女性ホルモンの分泌減少が直接の原因です。症状の出方に個人差が大きく、人によってはあまり症状が現れないケースもあります。

更年期障害の原因とは

更年期障害は閉経に向かう身体の変化の過程で、ホルモンバランスが乱れることによって起こります。女性は生誕時、卵巣に原始卵胞200万個を持っていますが、生殖年齢に達するまでに20~30万個まで減少します。その後月経の度に約1000個ずつ排出されていき、卵巣に卵胞が殆ど無くなると閉経に至るのです。卵胞が少なくなると女性ホルモン・エストロゲンの分泌が激減します。

脳内の視床下部は卵巣に対し女性ホルモンを分泌するよう指令を出しますが、卵巣では分泌を行うことができません。さらに指令が繰り返し出されることで正常なホルモンバランスを失い、これが原因で自律神経の働きに乱れが起こります。自律神経は呼吸や代謝、血圧や発汗といった生命を維持する機能の根幹を司っています。自律神経が乱れることで様々な更年期障害の症状が現れます。

知っておきたい更年期障害の症状

更年期障害では、心と身体の両方に症状が現れます。身体の症状としては、ほてり(ホットフラッシュ)や大量の汗、動悸や息切れ、手足の震え、口の渇き、睡眠障害や頭痛などが起こります。次第に生理が不順になっていき、月経の間隔が長くなったり(頻発月経)短くなったり(稀発月経)します。予期せぬタイミングで出血が起こる場合もあるため、常にナプキンを持ち歩くなどの準備をしておくと安心です。

胎盤が排出されずに残ってしまい、次の月経で大量に出血することもあります(過多月経)。心の症状では、イライラや情緒不安定、うつや落ち込み、集中力や記憶力の低下などが起こります。訳もなく泣けて来たり、イライラするのは非常によく見られる症状です。情緒不安定が重症化すると家庭内でのトラブルになりかねません。

更年期障害だと分かったらどうするべき?

更年期障害は非常に個人差が大きいのが特徴です。症状が軽い場合は、大豆食品など女性ホルモンを増やす食べ物を摂ることや、ストレス解消を心掛けることでラクになる事があります。市販の漢方薬や更年期障害用の薬を試してみるのもよいでしょう。症状が重い場合は病院に行くのが最善の方法です。家庭内で理解されないと問題を1人で抱えてしまい、辛い思いをしがちです。

婦人科では症状に合わせて、ホルモン補充療法や、漢方薬・精神安定剤などによる薬物療法、心理療法などが行なわれます。ホルモン補充療法は直接女性ホルモンを増やせるので効果が高くなりますが、むくみや嘔吐、頭痛などの副作用が出ることもあります。漢方薬は副作用も少なく比較的低価格で行えるのがメリットです。更年期障害はストレスと密接な関係があり、辛さを相談できるだけでもラクになる事がありますので、我慢せずに病院にかかることが大切です。

まとめ

更年期障害とは、閉経に向かう身体の変化の過程で起こる心身の不調です。女性ホルモンの分泌量が急激に減る事でホルモンの正常なバランスが失われ、自律神経が乱れることで様々な症状を引き起こします。症状の出方に個人差が大きく、一般に40代後半から50歳前後にかけて発症します。ほてりや発汗、手足のしびれ、口の渇き、生理不順などの身体の不調と、イライラや情緒不安定、うつや落ち込み、集中力や記憶力の低下などの心の不調が起こります。

症状が軽い場合は食生活改善やストレス発散を心掛けることで楽になることもあります。症状が重い場合には病院に行って診察を受けることが大切です。症状によって、ホルモン補充療法や薬物療法、心理療法などが行われます。辛い症状を一人で我慢しないで病院に行き相談することが最善の対処方法です。

更年期障害

当サイトのイチオシ商品は?

どれにするか迷ったら、コレで間違いなし!

AMCのエクオールサプリは、エクオール研究の専門医との共同開発配合成分、安全性、人気、口コミ、どれをとっても文句なしのNo.1!

エクオール配合量は業界トップクラスの10mg配合。エクオール産生を助けるラクトビオン酸を配合しているのは本当に貴重です。

サプリメントとしての価格は高めです。しかし、「これでつらい更年期障害が楽になるなら安い買い物」と決意して購入される方も多数。原則、定期便でのお届けですが、初月解約OKなので安心してお申し込みできます。