男性更年期障害とは?女性だけでなく更年期障害に悩む男性とは

更年期障害は女性特有のものと思われがちですが、実は男性でも更年期障害になる可能性があることがわかっています。女性の場合は閉経によって女性ホルモンの1つである、エストロゲンが急激に減少することで心身に様々な不調が起こり、更年期障害を引き起こします。男性の場合も同じように男性ホルモンの1つであるテストステロンが低下することで様々な症状が引き起こされます。


厚労省「更年期障害」(外部サイト)

男の更年期障害「LOH症候群」

男性の更年期障害は「LOH症候群」と呼ばれており、男性ホルモンの低下によって引き起こされます。男性ホルモンの量は年齢によって異なり、大きく減少するタイミングで様々な症状が出ることがあります。代表的な症状に薄毛やED(勃起障害)があげられますが、精神が不安定になって落ち込みやすくなることや、疲れが取れないなどの症状が出る場合もあります。

例えば、うつ病だと診断された人が男性ホルモンを投与したところ快方に向かったというケースもあります。テストステロンはやる気や意欲にかかわるホルモンでもあるため、分泌量が変われば精神的な影響を受けることになります。男性更年期外来もあるため、男性で心身の不調が気になる場合には診察を受けてみるのもオススメです。

テストステロンについて

テストステロンは骨や筋肉の維持にも大切な役割を果たしており、テストステロンが不足することで心筋梗塞や脳梗塞のリスクが高まると言われています。また成人病にも大きく関わってくるということは知っておく方がよいでしょう。

ED(勃起障害)や薄毛などの症状がある場合は、LOH症候群も疑ってみてください。どちらも男性ホルモンのバランスが崩れると起こりやすいため、病院では治療の前に男性ホルモンの濃度を調べることが一般的です。

薄毛について

薄毛は男性ホルモンのバランスだけでなく、遺伝によっても引き起こされることが知られています。AGA(男性型脱毛症)はテストステロンが「5αリダクターゼ」と呼ばれる酵素と結びつくことで進行します。5αリダクターゼと結びついたテストステロンは「ジヒドロテストステロン」と呼ばれ、毛母細胞の細胞分裂を抑える働きをします。これによりヘアサイクルが狂うことで薄毛が進行してしまいます。

そのため「ジヒドロテストステロン」が毛乳頭の受容体に結びつくことを防げば、薄毛の進行を防げると言われています。他にも酵素との結び自体を阻害するなど、薄毛には様々な治療法が研究されています。

薄毛治療薬やED治療薬の中には一緒に服用できないものも存在します。これは副作用によって薄毛やEDが進行してしまうこともあるからです。それぞれの治療薬は男性ホルモンへの影響が強いものが多いことを理解する必要があります。LOH症候群が疑われる場合は専門外来で診察を受けた方が良いのです。適切な治療が症状の緩和に役立ちます。

知っておきたい女性の更年期障害

悩める男性の更年期障害ですが、女性の更年期障害とその対策も簡単にご紹介します。同じ更年期障害ですが、冒頭に述べたように、女性の更年期障害は女性ホルモン、エストロゲンの分泌が減少することで起こります。なぜ、エストロゲンの分泌が減少するかというと、卵巣機能が低下するからです。

更年期とは、閉経前後10年間を指しており、その間、卵巣機能が徐々に低下していきます。エストロゲンは卵巣から出るホルモンのため、卵巣機能が低下してしまうと分泌する量も減ってしまいます。

エストロゲンの分泌が減ること自体で、カルシウムが溶け出しやすくなったり、太りやすくなったりという影響もありますが、肉体的、精神的な不調は、自律神経と大きく関わっています。

実は自律神経を司る脳の視床下部という部分は、エストロゲンの分泌を命令している下垂体の上部に存在し、密接に関係しています。脳は必要に応じて卵巣にエストロゲンの分泌を命令しますが、分泌量が少なかったり、分泌されないことで脳が混乱してしまい、それが自律神経にも大きく影響しています。

女性の更年期障害にはエクオールサプリがオススメ!

エストロゲンの分泌が減少することで起こる更年期障害ですが、この対策としてエクオールという成分が注目されいます。エクオールとは、大豆イソフラボンから腸内細菌によって作られる成分で、エストロゲンに似た働きを持っています。大豆イソフラボン自体もエストロゲンに似た働きがあるとして知られていますが、エクオールの方がより働きが高いとされ、スーパーイソフラボンとも呼ばれています。

エクオールは大豆イソフラボンから体内で作られる成分なので、大豆製品を食べることで、大豆イソフラボンおよびエクオールの両方を摂取することができます。目安量としてはだいたい大豆イソフラボン50mgで、具体的には納豆1パック、豆乳コップ1杯程度です。一見、大豆イソフラボンもエクオールも両方摂取でき、より良い方法のように見えますが、実は大豆イソフラボンからエクオールを作ることができる人は限られています。

エクオールを腸内で作るために必要なエクオール産生菌は幼少期の食生活が影響しており、その頃に腸内における有無が決まってしまいます。そして、このエクオール産生菌を持っているの人は日本人女性で2人に1人しかいません。つまり、日本人女性の半数の人はエクオールが作れない体質なのです。

そこで注目されているのが、エクオールを配合したエクオールサプリです。サプリメントにすることで、腸内細菌の有無に関わらず手軽に確実にエクオールを摂取できます。また、エクオール以外にもラクトビオン酸などを配合しており、より良い効果が期待出来ます。

更年期は、これまでとは違う身体の変化によって辛い思いをすることが多くなります。さらに夫婦であれば、自分の辛さだけでなく、パートナーの更年期障害によるストレスも受け、より辛くなりがちです。お互いに更年期障害かもしれないことを自覚したり、理解し合うことで、辛い更年期障害を乗り切りましょう。

当サイトのイチオシ商品は?

どれにするか迷ったら、コレで間違いなし!

AMCのエクオールサプリは、エクオール研究の専門医との共同開発配合成分、安全性、人気、口コミ、どれをとっても文句なしのNo.1!

エクオール配合量は業界トップクラスの10mg配合。エクオール産生を助けるラクトビオン酸を配合しているのは本当に貴重です。

サプリメントとしての価格は高めです。しかし、「これでつらい更年期障害が楽になるなら安い買い物」と決意して購入される方も多数。原則、定期便でのお届けですが、初月解約OKなので安心してお申し込みできます。