更年期障害対策にオススメの栄養素まとめ

とにかくツラい更年期障害。そんな更年期障害にならないために、あるいは更年期障害をやわらげるためにもできる限りの対策はしておきたいものです。ここでは、食事でできる更年期障害の対策として摂取しておきたい栄養素をご紹介します。

更年期障害のメカニズムと栄養素

45〜55歳の更年期を迎えるころになると、卵巣の機能が低下して女性ホルモン(エストロゲン)の分泌量が低下します。エストロゲンの分泌は、脳の下垂体から指令がでて分泌されるのですが、十分に分泌されてこないことで脳が混乱して自律神経を調節することが上手くいかなくなってしまいます。

これにより起こるさまざまな症状を更年期症状と呼び、日常生活に支障をきたすほど重いものを更年期障害と呼びます。つまり更年期障害とは、女性ホルモンのバランスが崩れ、自律神経が不調になることによって起こるさまざまな症状のことを指します。ですので、更年期障害の対策をするうえで重要な栄養素とは、ホルモンバランスを整えてくれる、もしくは自律神経の調整をしてくれる栄養素なのです。

自律神経を整えてくれる栄養素

栄養素と聞くとビタミンB群やビタミンCなどの各種ビタミンやカルシウム、マグネシウムなどといったミネラル類を思い浮かべるのではないでしょうか。これらのビタミンやミネラル類は、さまざまな作用を持っており、いずれも自律神経を整えるのに重要な役割を持っています。

例えば、ビタミンB群は別名「心のビタミン」と呼ばれているほどですし、ビタミンCはストレスを解消するホルモンを分泌するときになくてはならない栄養素です。ミネラル類においても、例えば『カルシウム不足=イライラしやすい』というイメージができてしまっていますが、イライラやストレスを沈静化する作用があります。

このように、それぞれの栄養素は他の栄養素と結びつき、お互いに作用しあい、身体の至るところでさまざまな働きを担っています。ですので、どの栄養素を意識して摂取するということが重要なのではなく、満遍なく、過不足なく摂取してあげることが重要になるのです。

更年期障害には「エクオール」がオススメ!

大豆イソフラボンに含まれているダイゼインから作られるエクオールは、身体のなかでエストロゲンと似た働きをすることが知られています。エクオールには女性ホルモンの分泌量減少によって起こるさまざまな症状に対しての予防・改善効果が確認されています。

しかし、エクオールを身体の中で作り出すためには、エクオール産生菌と呼ばれる腸内細菌が必要になるのですが、誰の腸内にも生息しているというわけではありません。日本人ではだいたい二人に一人と言われており、約半数の人はエクオールを作ることができません。自分の腸内にエクオール産生菌が生息しているかどうかは、検査キットでチェックすることが可能です。

もしエクオール産生菌が腸内に生息していない場合でも、サプリメントなどで直接エクオールを摂取することは可能です。もちろん、エクオール産生菌が生息している人にとっても、サプリメントでエクオールを摂取するのは有効な手段の一つ。エクオールサプリなら大豆製品を毎日食べることなく更年期障害対策ができるので更年期の女性にはオススメです。

当サイトのイチオシ商品は?

どれにするか迷ったら、コレで間違いなし!

AMCのエクオールサプリは、エクオール研究の専門医との共同開発配合成分、安全性、人気、口コミ、どれをとっても文句なしのNo.1!

エクオール配合量は業界トップクラスの10mg配合。エクオール産生を助けるラクトビオン酸を配合しているのは本当に貴重です。

サプリメントとしての価格は高めです。しかし、「これでつらい更年期障害が楽になるなら安い買い物」と決意して購入される方も多数。原則、定期便でのお届けですが、初月解約OKなので安心してお申し込みできます。