更年期障害の症状をやわらげる方法とエクオールの効果効能

さまざまな症状が発生する更年期障害。症状には個人差がありますが、症状が重い人は日常生活を送るのにも支障がでてくるほどです。そんなツラい更年期障害の症状をやわらげる方法を教えます。

更年期障害はこうして起こる

更年期とは、閉経前後おおよそ10年間を指します。個人差はありますが、45歳〜55歳の頃を指しています。この頃になると卵巣機能が低下し、閉経へと向かいます。卵巣は女性ホルモンを分泌している場所のため、このことが身体へも大きく影響していきます。

更年期障害は、女性ホルモン、エストロゲンの分泌量低下に伴って、ホルモンバランスが乱れることが原因で起こります。ホルモンバランスが乱れることで脳が混乱をおこし、自律神経が不調になるのです。

自律神経を司る視床下部とホルモン分泌に作用する下垂体は密接して存在します。更年期に差し掛かり、卵巣機能が低下するとそこから分泌しているエストロゲンの分泌も低下してしまいます。しかし、必要に応じて視床下部及び下垂体からエストロゲンの分泌の指令が送られます。

脳からは分泌の指令が出ているのに、実際には分泌できないという状態になり、このことが脳を混乱させます。そして、その影響を受けて自律神経も乱れてしまいます。

更年期障害はこうして女性ホルモンのバランスが乱れることで起こります。このようなホルモンバランスの乱れを整えてあげることができれば、更年期障害の症状をやわらげることができます。

更年期障害をやわらげるのは大豆イソフラボンとエクオール

更年期障害のツラい症状をやわらげてくれると今注目されてるのが「大豆イソフラボン」と「エクオール」です。

大豆イソフラボンは、納豆や豆腐などの大豆製品に多く含まれる成分で、以前からエストロゲンと似た働きをするとして注目されている成分です。食品安全委員会で定める1日の摂取上限は70〜75mgで、納豆1パック、豆腐2/3丁でだいたい50mg程度摂取でき、食事から大豆イソフラボンを摂取している人も多くいます。

エクオールは、大豆イソフラボンよりもエストロゲンに似た働きをすると言われており、スーパーイソフラボンとも呼ばれます。エクオールは、大豆イソフラボンに含まれているダイゼインという成分が腸内細菌の働きでエクオールという成分に変化し作られます。個人差はありますが、大豆イソフラボン50mgでおおよそ10mgのエクオールが作られます。

エクオールを作れる人は限られている!?

しかし、大豆イソフラボンを摂取したからといって、だれもが身体のなかでエクオールを作れるわけではありません。残念ながら、日本人の二人に一人はエクオール産生菌を持っておらず、身体のなかでエクオールを作り出すことができません。

エクオール産生菌を持っているかどうかは小さい頃の食生活などにより決まると言われています。そのため大人になってから食生活を変えても、エクオールを作れる体質になることは難しいでしょう。

エクオールが作れる体質かどうかは採尿などによって簡単に検査できます。エクオールは尿と一緒に排泄されるため、エクオールが尿に含まれるようであればエクオール産生菌を持っている体質と分かります。エクオール検査のキットはインターネットで手軽に購入することもできます。

エクオールを作れなくてもエクオールは補給できる

エクオールを作り出すことができなくても、エクオールを直接補給することで同じような効果を得ることができます。最近ではエクオールを配合したエクオールサプリも更年期障害で悩む女性に人気です。

サプリメントなら直接エクオールを補給できるので、エクオール産生菌を持っていない人でも更年期障害をやわらげることができます。また、エクオールサプリは、エクオール以外にもラクトビオン酸などの有効成分も配合されており、より効果的に更年期障害の対策ができます。

こうした食事やサプリメントで更年期障害を緩和させることは有効ですが、どうしても更年期障害がツラい場合には、更年期障害の診察を行ってくれるお医者さんに婦人科などに相談をしてみましょう。

エクオールに副作用などはある?

エクオールを摂取することで更年期障害をやわらげることができますが、エクオールの副作用についてはどうでしょうか。結論から言えば、エクオールは本来、体内で腸内細菌によりつくられる物質のため安全です。そのため副作用などもありません。

エクオールを1日にどれだけ摂取すれば良いという目安摂取量が国などで公式にに定められているわけではありません。ただし、臨床試験などにより1日10mgのエクオールを摂取することで有効性が確認できたという報告があります。そのため人気のエクオールサプリには1日分で10mgのエクオールが配合されています。

食品からエクオールを摂取するには納豆であれば1パック、豆腐なら2/3を毎日食べることでエクオール10mgをつくることができます。ただしこれはあくまでエクオール産生菌を持つ人だけで、蓄積することができないので毎日食べ続ける必要があります。

エクオールを摂取するときの注意点

エクオールを摂取するときの注意点としては妊娠中や授乳中の女性です。妊娠前後や妊娠中は女性ホルモンのバランスが普段とは大きく異なります。そのため女性ホルモンに影響を与えるような食品や栄養成分には注意することが大切です。心配な場合は、からなずお使者さんに相談するようにしましょう。

当サイトのイチオシ商品は?

どれにするか迷ったら、コレで間違いなし!

AMCのエクオールサプリは、エクオール研究の専門医との共同開発配合成分、安全性、人気、口コミ、どれをとっても文句なしのNo.1!

エクオール配合量は業界トップクラスの10mg配合。エクオール産生を助けるラクトビオン酸を配合しているのは本当に貴重です。

サプリメントとしての価格は高めです。しかし、「これでつらい更年期障害が楽になるなら安い買い物」と決意して購入される方も多数。原則、定期便でのお届けですが、初月解約OKなので安心してお申し込みできます。