更年期障害で通院!更年期障害の治療費はどれくらい?

更年期障害の現われ方は色々です。いつくるかわからないホット・フラッシュによる多汗やのぼせ、動悸が負担になっている人。不眠で毎日をフラフラになりながら送っている人。肩こりやめまいでマッサージや耳鼻科に通っている人。意味もなく落ち込んだり、情緒不安定になったりと精神的にまいっている人。それらが複合的に現われている人。自分ではどうにもならない時、そんな時に病院があるのです。

更年期障害の治療は病院でできる

更年期障害は人により症状もその重さもさまざまです。長い期間心身の不調を抱えていると、普通にできていた家事や仕事ができなくて、自分自身も辛いだけでなく、家族や職場の人たちにも気を使わせてしまったり、不快な思いをさせてしまう時もあるでしょう。更年期障害の原因は既に分かっているので、病院で治療ができます。

思い切って病院に通い、自分の体を専門の医師に診てもらい、説明を受け、治療を受ける事で解決するものです。治療費が気になるところでもありますが、ホット・フラッシュでとんでもない時に顔に汗をかいて恥ずかしい思いをしたり、突然の動悸がおさまらない不安、倦怠感や重い睡眠障害があるのなら、病院は選択肢のひとつです。婦人科や産婦人科に行きますが、総合病院にも「更年期外来」があり、診察は産婦人科が行います。

更年期障害の治療方法

では更年期障害の治療はどのようなものなのでしょうか。更年期障害は卵巣機能が衰えてきて女性ホルモンのひとつである「エストロゲン」の減少が引き起こす症状です。ですから、まずその確認のために検査を行います。この時点でエストロゲンの減少が、更年期障害の原因である事がわかれば治療を行います。主流はホルモン補充療法(HRT)で、注射、飲み薬、パッチ剤などでエストロゲンを補充します。

エストロゲンの補充だけだと子宮体がんを誘発する可能性があるので、子宮がある人は同時にプロゲステロンを同時に投与します。HRTの効用はホット・フラッシュのよる汗やのぼせ、動悸など自立神経の改善、不眠の改善があげられます。HRTの投与が難しい場合、漢方薬を使う時もあります。また精神症が重い場合は、抗うつ剤や抗不安剤を一緒に投与する事で対処します。

治療費はどれくらい?保険は使えるの

気になるのが治療費です。更年期障害はある時期の女性がなる症状で、病気らしい病気とはいえない。更年期障害だからといって皆が皆病院に掛かるわけではないし…。ホルモン剤を使うのも高価なのではないか、と心配になりますね。HRTを使う場合、更年期障害の治療であれば保険が適用されるので、経済的に大変困るという金額にはならないようです。

一ヶ月でHRTに使用するプレマリンで3000円、パッチ剤が約5000円から7000円、診療費と処方箋料を合わせて約10000円で、保険を適用すると自己負担額はこの3割となります。漢方薬は処方箋を出してもらった場合は保険が適用され、2000円から3000円です。また、病院でカウンセラーを頼む場合は保険は適用されません。いずれにしろ病院に確認しましょう。

まとめ

更年期の期間が終わるのは50歳頃ですが、早い人では30歳代前半から始まるといいます。10年余りという長い時間、心身の不調を抱えながら家事・育児・仕事・親の介護と、母親として、社会人として、女性として多忙な生活をしていくのは、本当に大変ですね。更年期障害と思われる症状で毎日が辛くてたまらないという人は、自分のためにも周りの人のためにも、病院に行ってみたらどうでしょうか。

もしかしたら違う病気かもしれませんし、更年期障害と診断が下されれば、保険のきく治療ができます。また病院の先生やカウンセラー、あるいは同じ年代の看護婦さんに話を聞いてもらうだけで、精神的にもずいぶん楽になると思います。民間療法やサプリメントもありますが、専門の病院による検査や診断で自分の心と体が今どんな状態にあるのか、という事を客観的に知るのは大切な事ではないでしょうか。

更年期障害

厚労省「大豆及び大豆イソフラボンに関するQ&A」(外部サイト)

当サイトのイチオシ商品は?

どれにするか迷ったら、コレで間違いなし!

AMCのエクオールサプリは、エクオール研究の専門医との共同開発配合成分、安全性、人気、口コミ、どれをとっても文句なしのNo.1!

エクオール配合量は業界トップクラスの10mg配合。エクオール産生を助けるラクトビオン酸を配合しているのは本当に貴重です。

サプリメントとしての価格は高めです。しかし、「これでつらい更年期障害が楽になるなら安い買い物」と決意して購入される方も多数。原則、定期便でのお届けですが、初月解約OKなので安心してお申し込みできます。