40代、50代の女性必見!更年期障害の原因と症状

身体のほてりやのぼせ、過度なイライラや落ち込み、うつ状態など、つらく苦しい思いをする更年期障害。できることなら更年期障害になることなく過ごしたい。あるいは、もし更年期障害になってしまっても症状を軽くしたい。そんな女性の方は、まず更年期障害の原因をきちんと知ることが重要です。

なぜ更年期障害になるのか?

更年期とは、だいたい45〜55歳の閉経前後10年間を指します。この更年期に起こるさまざまな不調は更年期症状と呼ばれ、それによって普段の生活を送るのも辛くなるほど酷くなったもののことを更年期障害と呼んでいます。

更年期症状は、閉経前後に起こるホルモンバランスの変化によって起こります。更年期を迎えはじめる少し前から、卵巣機能が低下することで女性ホルモンであるエストロゲンの分泌量が急激に減少していきます。卵巣機能は低下するものの、脳はエストロゲンを分泌してほしいと指令を出します。指令が出ても卵巣機能が低下していることでエストロゲンが分泌されないために、脳が混乱を起こして身体に不調が起こりはじめます。この症状が重症化するようになると更年期障害と呼ばれる状態になります。つまり、更年期障害というのは女性ホルモンの分泌量不足が原因で起こってしまうものなのです。

更年期障害

更年期障害の代表的な症状

更年期障害の症状は多岐にわたりますが、そのすべての症状が出るというわけではありません。生活環境やストレスの有無といった個人差が非常に大きく、比較的症状が軽く済むケースもあれば、症状が重くなってしまうケースもあります。

・血管運動神経系

ホットフラッシュ(のぼせ・ほてり)や異常発汗、不眠や倦怠感などが代表的な症状です。脳の中でエストロゲンの分泌指令を出している部分は、自律神経を調節している部分と非常に近い場所にあるので、お互いに影響を受けやすいのです。そのため、更年期にはこれらの症状が発症しやすくなっています。

・精神神経系

イライラして怒りっぽくなったり、急に不安になったりうつ状態になったりするのが代表的な症状です。血管運動神経系と同じように自律神経の調整が上手くいかないことに加えて、更年期では自分自身や家族の問題などさまざまなストレスを抱え込むことが多いため、これらの症状を発症しやすくなっています。

・運動器官系

肩こりや関節痛などが運動器官系の代表的な症状です。エストロゲンが減少することによって、血管の拡張・収縮がスムーズにできなくなったり関節がスムーズに動かせなくなることで、これらの症状を発症してしまいます。

・生殖器系

生理不順を初めとした、不正出血・月経異常などの症状も代表的な更年期障害の症状です。更年期には、卵巣機能が低下することによってホルモンバランスが崩れるので、これまで規則正しかった生理周期の乱れが発生したり、生殖器系のさまざまな症状を発症しやすくなります。

更年期の症状を和らげるなら

更年期に起こる様々な症状は、女性ホルモン、エストロゲンの分泌が減少することによって引き起こされます。つまり、このエストロゲンの働きを補うことができれば更年期に起こる様々な不調を和らげることができると言えます。

身体の中で女性ホルモンと似た働きをする成分としてよく知られているのは大豆イソフラボンです。さらに、最近の研究で『エクオール』という成分が注目されています。エクオールは、大豆イソフラボンから腸内細菌の働きによって作られる成分で、女性ホルモンのエストロゲンと似た作用を持つことが分かりました。

大豆イソフラボンを摂ることでしっかりとエクオールを作り出すことができればエストロゲンの働きを補うことができます。臨床実験からもエクオールによって更年期障害の症状を改善する効果が確認されています。

しかし、大豆イソフラボンを摂取したとしても身体の中でエクオールを作り出すことができるのは、日本人の約半数と言われています。大豆イソフラボンを摂取することはもちろん重要ですが、更年期障害の症状を緩和することが目的であれば、エクオールをサプリメントで補うことがオススメです。

エクオール検査(ソイチェック)とは

日本人の50%はエクオールをつくることができる体質ですが、残り半数は体内でエクオールをつくることができない体質と言われています。つまり大豆イソフラボンを摂取しても約半数はエクオールを体内で作ることができていないということです。これは、ある腸内細菌の有無が関係しています。

大豆イソフラボンには「ダイゼイン」「グリシテイン」「ゲニステイン」と呼ばれる成分が含まれています。この中のダイゼインという成分が、「エクオール産生菌」という腸内細菌によってエクオールに変換します。つまり、大豆イソフラボンから体内でエクオールを作るためにはエクオール産生菌という腸内細菌が必要なのです。

しかし、このエクオール産生菌を持っている人は、日本人の中でおおよそ半数の人しかいません。エクオール産生菌は腸内細菌のひとつですが、これを持っているかどうかは幼少期に食べた食品などにより決まると言われています。そのためエクオールをつくれない人が食生活などでエクオールをつくれるようになるのは困難と言われています。

自身がエクオール産生菌を持っているかどうかはエクオール検査(ソイチェック)により調べることができます。エクオール検査のできる病院もありますが、検査キットをインターネットで購入して自宅で手軽に検査することも可能です。検査は、一般的に尿を採取して行います。エクオールは有効な働きをした後、尿として排出されるため、エクオールを体内で作ることができる体質であれば、尿からエクオールが検出されます。

エクオールサプリを活用

もしエクオール産生菌を持っていなかったとしても、エクオールを配合したサプリメントを使用してエクオールを摂取することができます。エクオールサプリであれば、効率よくエクオールを補給でき、更年期障害をやわらげる効果が期待できます。

サプリメントの摂取と聞いて気になるのは副作用ですが、エクオールは、もともと大豆イソフラボンから身体の中で作られている成分です。大豆アレルギー以外の人であれば副作用もなく安全と言われています。

また、エクオールサプリにはラクトビオン酸などの有効成分が含まれているものもあります。ラクトビオン酸は、女性ホルモン、エストロゲンの減少によって起こりやすくなる骨粗しょう症の予防や、エクオールの産生や吸収にとって大切な腸内環境の正常化、エクオールが作り出せる場合のエクオール産生の促進など、更年期の女性に嬉しい効果が期待できます。

エクオール産生菌を持つ人でもエクオールの産生には個人差があります。エクオール産生菌を持つ人で大豆イソフラボンを意識的に摂っていても思うように効果が出ない場合は、エクオールサプリを試してみるといいかもしれません。サプリメントであれば、毎日大豆製品を食べる必要もなく手軽にストレスなく継続できます。

当サイトのイチオシ商品は?

どれにするか迷ったら、コレで間違いなし!

AMCのエクオールサプリは、エクオール研究の専門医との共同開発配合成分、安全性、人気、口コミ、どれをとっても文句なしのNo.1!

エクオール配合量は業界トップクラスの10mg配合。エクオール産生を助けるラクトビオン酸を配合しているのは本当に貴重です。

サプリメントとしての価格は高めです。しかし、「これでつらい更年期障害が楽になるなら安い買い物」と決意して購入される方も多数。原則、定期便でのお届けですが、初月解約OKなので安心してお申し込みできます。