もしかして更年期?更年期障害のセルフチェック方法

更年期障害とは?

更年期は閉経の前後10年間、年齢で言えば45〜55歳頃を指します。閉経によって女性ホルモンのバランスが大きく変わることから、身体の調子が悪くなることや、精神的に不安定になることが多くなります。更年期が原因で起こる様々な身体の不調をまとめて「更年期障害」と呼び、更年期の多くの女性を悩ませています。

女性ホルモンには、エストロゲンとプロゲステロンという2つのホルモンがあります。更年期障害で大きな影響があるのはエストロゲンというホルモンです。エストロゲンは、子宮や卵巣の活動を活発にするだけでなく、美肌を保ったり、骨や血管を強くしたり、気分を明るくする作用もあります。

更年期障害は、卵巣機能の低下によってエストロゲンの分泌量が急激に低下することで引き起こると言われています。脳がエストロゲンの分泌を要求しても、卵巣機能が低下していてエストロゲンが分泌されず、脳が混乱を起こします。この混乱が自律神経にも影響をおよぼします。

脳の中の下垂体という部分は、エストロゲンの分泌を促すホルモンを分泌しています。この下垂体は、自律神経をつかさどる視床下部の中枢にあります。つまり、下垂体と視床下部はとても近くに存在するのです。そのため、卵巣機能の低下によるエストロゲン分泌量の低下は、自律神経にも大きく影響するのです。

更年期障害は、自律神経に影響が出やすいもののため、体調や精神状態から自身が更年期障害であるかを判断することもできます。更年期障害かも?と思ったらまずはセルフチェックを行いましょう。

更年期障害のセルフチェック項目

  • 理由もなくイライラする
  • ちょっとしたことでカッとなる
  • 突然ののぼせで顔の汗がとまらない
  • 何もする気にならない
  • 頭痛や肩こりがつらい
  • 息切れや動悸がはげしい
  • 手足がむくみやすくなった
  • 手足の冷えが気になる
  • 憂うつな気分になることが多い

これらに心当たりがある場合は、更年期障害の可能性があります。

更年期障害で起こりやすい症状

更年期障害で多いのは、身体のほてり、いわゆるホットフラッシュです。何もしていないのに汗をかくケースも多く、ひどい場合には顔から汗が噴き出し止まらないという女性もいます。また身体がほてるのに、手足だけが冷えるというケースもあります。

ほてりとはまた違いますが、更年期障害では息切れや動悸などの症状も出やすいです。更年期もしくは更年期が近い年齢で、これらの症状が思い当たる場合は注意しましょう。

自律神経が乱れると、ストレスが溜まる?

更年期障害では女性ホルモンのバランスが崩れ、自律神経の働きが乱れます。そうなると寝つきが悪くなったり、眠りが浅くなることがあります。そのため夜中に何度も起きてしまう場合や、なかなか眠れないことが続くことがあります。睡眠が浅くなると寝たはずなのに疲労感が残りだるさや何もやる気が起きないなどの症状に繋がることもあります。

自律神経はストレスにも大きく影響します。自律神経が乱れると、ちょっとしたことで怒りやすくなったり、イライラしやすくなることもあります。今までは怒らなかったことでもカッとなって、家族に八つ当たりしてしまうことも更年期の女性には多いようです。このことによりさらに落ち込み、ストレスが溜まり、更年期障害を加速させてしまうこともあるので、注意が必要です。

頭痛やめまい、手足の痛みと言った症状が出るケースもあります。便秘が続くなど、代謝に影響が出る場合もあります。人によって症状が大きく異なり、深刻さも変わるのが更年期障害です。気になる症状がある場合は、更年期障害の可能性も考え、自律神経やホルモンバランスを整えるよう食生活や生活習慣を見直してみるのもひとつの方法です。

食生活の見直しで更年期対策

更年期障害を克服するなら食生活の見直しもひとつの方法です。更年期障害を引き起こす原因とされる女性ホルモン、エストロゲンの減少を補うために有効な成分と言われているのが大豆イソフラボンです。この大豆に含まれる大豆イソフラボンはエストロゲンと似た働きをするため、更年期障害をやわらげる効果があると言われています。

厚労省「大豆及び大豆イソフラボンに関するQ&A」(外部サイト)

大豆イソフラボンは豆乳や豆腐、納豆などに多く含まれます。更年期障害へ効果が期待できる大豆イソフラボンの1日の摂取目安はだいたい50mgです。豆乳であればコップ1杯、豆腐であれば2/3パック、納豆であれば1パックを摂取するといいでしょう。

しかし、大豆イソフラボンを摂取しても更年期障害への効果は個人差が大きいと言われます。その原因の1つと考えられているのが「エクオール」の存在です。摂取した大豆イソフラボンの中のダイゼインという成分は、体内の腸内細菌によりエクオールという物質に変換されます。エクオールはスーパー大豆イソフラボンとも言われ、更年期障害への効果が特に大きいと言われます。

エクオールをつくれるのは2人に1人?

更年期障害に大きな効果が期待されるエクオールですが、大豆イソフラボンから体内でエクオールをつくれるのは日本人女性の2人に1人と言われています。これはエクオールに変換するための腸内細菌、エクオール生産菌を持っているかどうかで決まります。

エクオールをつくれる体質かどうかは「エクオール検査」で簡単に調べることができます。専門の病院で検査することもできますが、インターネットで検査キットを購入して検査することもできます。エクオールは必要な働きをした後は尿と一緒に排泄される成分のため、尿を採取して検査するのが一般的です。

エクオール生産菌を持っているかどうかは小さい頃に決定されると言われています。そのため、エクオールをつくれない体質からエクオールをつくれる体質になることは難しいと言われています。では、エクオールをつくれない体質の人が更年期障害になってしまったらどうしたらいいのか。そんな人におすすめなのがエクオールサプリです。

エクオールサプリは更年期障害で悩む女性の間で最近とくに話題になっています。エクオールを配合しているサプリメントのため、エクオールをつくれない体質でもエクオールを摂取することができ、豆腐や納豆を毎日食べなくても、飲むだけで手軽にエクオールを摂取できます。

エクオールサプリの中には、エクオールの働きをサポートする「ラクトビオン酸」を配合したものもあります。もし、つらい更年期障害をなんとかしたいとお悩みであれば、一度チェックしてみるといいでしょう。

ラクトビオン酸は、エクオールの働きをサポートするだけでなく、エクオールの産生を促進する効果やエクオールの産生に必要な腸内環境を整える効果もあります。エクオール産生菌を持っていても、大豆イソフラボンを摂取していて思うような効果が期待できなかったという人は、ラクトビオン酸を含むエクオールサプリも試してみるといいかもしれません。

当サイトのイチオシ商品は?

どれにするか迷ったら、コレで間違いなし!

AMCのエクオールサプリは、エクオール研究の専門医との共同開発配合成分、安全性、人気、口コミ、どれをとっても文句なしのNo.1!

エクオール配合量は業界トップクラスの10mg配合。エクオール産生を助けるラクトビオン酸を配合しているのは本当に貴重です。

サプリメントとしての価格は高めです。しかし、「これでつらい更年期障害が楽になるなら安い買い物」と決意して購入される方も多数。原則、定期便でのお届けですが、初月解約OKなので安心してお申し込みできます。