更年期障害とPMS(月経前症候群)の症状のちがい

更年期障害とPMSの症状は良く似ています。これは両方とも女性ホルモン(エストロゲン)の急激な変化や減少が原因となって起こるためです。エストロゲンが減少することにより自律神経の働きが乱れ、身体には様々な不調があられます。

共通の症状と異なる症状

よくみられる症状としては、身体のほてりやイライラなどの気分面での起伏の激しさ、頭痛やめまいなどがあげられます。個人差が非常に大きいものの、人によっては共通の症状が出ることも多く、切り分けが難しくなるケースがよくあります。

一方で、更年期障害とPMSの症状には違いもあります。これは症状が出るタイミングです。PMSは「月経前症候群」と呼ばれるように生理周期に合わせて症状が出ます。生理の前が特に症状が重く、排卵が終わると症状が軽くなることがほとんどです。更年期障害は閉経前後10年程度(45〜55歳)で起こることが多く、生理の周期と関係なく長引くことが多いといえます。

注意したい点

注意したいのは40代を過ぎて閉経が近くなっている場合です。更年期障害の症状が出ているのかPMSなのか区別がつきにくくります。この頃になると更年期障害が起こる可能性も高くなるため、普段の生活習慣や食生活を見直し、自律神経を整えるようにしましょう。

また、過度なストレスにより生理不順になってしまう場合もあります。ストレスや寝不足が原因で20代や30代の若い年齢の人が閉経になってしまうケースもあります。生理が長期間来ないようであれば産婦人科で検査をすることも大切です。

更年期障害とPMSの治療方法の違い

更年期障害とPMSの治療にも違いがあります。PMSの場合はピルを利用すればエストロゲンの急激な減少を抑えることができます。一方、更年期障害の場合はピルを利用してもエストロゲンの減少を抑えることができません。そのため、薬によるエストロゲンの補給や漢方を使った対処療法が行われます。

更年期障害の治療のために産婦人科に通う方も多いですが、食事療法などで克服したという女性も多いです。更年期障害は明確な病気ではないため、産婦人科に行っても漢方を処方されるだけというケースも多いです。。普段の食生活でも大豆イソフラボンを摂取することで、女性ホルモンであるエストロゲンと似た働きをするため、食生活を工夫をすることでも更年期障害の症状をやわらげることもできます。

スーパーイソフラボン「エクオール」がオススメ

更年期障害に悩んでいる女性は、大豆イソフラボンが更年期障害にオススメというのは知っていますね。納豆や豆腐を毎日欠かさず食べているという女性は多いはず。しかしそんな大豆イソフラボンよりも更年期障害に効果があるのではないかと言われている「エクオール」と呼ばれる成分があります。

大豆イソフラボンが体内の腸内細菌により、エクオールに変換されます。つまり大豆イソフラボンを摂取することで体内でエクオールを自然とつくることができます。しかし、これはエクオール産生菌という腸内細菌を持っている女性のみ。実は日本人女性の約半数はエクオール産生菌を持っていないと言われています。これはエクオール検査で簡単に調べることができます。

もしエクオール産生菌を持っていない場合には、エクオールサプリがオススメです。エクオールサプリにはエクオールが配合されているため、エクオール産生菌の有無は関係ありません。大豆製品を毎日食べる手間もなく、手軽にエクオールを摂取できるため更年期障害に悩む女性の間で大きな話題になっています。

参考資料:「第2期中期計画暫定評価シート 説明用資料」7ページ

当サイトのイチオシ商品は?

どれにするか迷ったら、コレで間違いなし!

AMCのエクオールサプリは、エクオール研究の専門医との共同開発配合成分、安全性、人気、口コミ、どれをとっても文句なしのNo.1!

エクオール配合量は業界トップクラスの10mg配合。エクオール産生を助けるラクトビオン酸を配合しているのは本当に貴重です。

サプリメントとしての価格は高めです。しかし、「これでつらい更年期障害が楽になるなら安い買い物」と決意して購入される方も多数。原則、定期便でのお届けですが、初月解約OKなので安心してお申し込みできます。