更年期障害と自律神経の乱れの関係とは

更年期障害とはホルモンバランスの乱れが原因で起こる諸症状の総称です。更年期障害の諸症状のなかには、ホットフラッシュやうつなど自律神経の乱れが原因で起こる症状が含まれます。いったいなぜ自律神経の乱れが原因で現れる症状も更年期障害に含まれているのでしょうか?

ここでは更年期障害と自律神経の乱れの関係についてご説明します。

更年期に自律神経が乱れる原因

エストロゲンの分泌は、脳の視床下部と下垂体と呼ばれる部分から指令が出され、卵巣がエストロゲンの分泌を行っています。視床下部には、エストロゲンの分泌以外にも自律神経を調整する役割もあり、両者は近い場所にあるため、お互いに影響を受けやすくなっているのです。更年期に入ると、卵巣の働きが衰え、エストロゲンの分泌量が低下してきます。

このとき、視床下部と下垂体ではもっとたくさんエストロゲンを分泌させようとフル回転をはじめてしまいます。このような状態になってしまうと、自律神経も影響を受けて乱れてしまい、イライラしやすくなったり気持ちが落ち込んだりしてしまうのです。

自律神経の乱れによる諸症状を和らげる方法

自律神経の乱れを整える対処法としては、大きく分けて『自分の生活習慣を見直すこと』と『漢方やサプリメントを利用すること』。自分の生活習慣を見直すのは、ストレスを発散する機会を作れているかと、リラックスする時間を設けているかが重要です。軽い運動を取り入れることができれば、気分転換でストレス解消もできますし、ダイエットにも効果的です。

また、お風呂にゆっくり入ったり、アロマテラピーなどで気分をリラックスさせることも効果的です。漢方やサプリメントを利用する場合には、自律神経を整える作用があるものから選ぶのが第一です。たとえば、サプリメントなら高麗人参に含まれているサポニンが使用されているものや、漢方なら当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)や加味逍遥散(かみしょうようさん)などがあります。これらを摂取することで、自律神経の乱れを整えて症状を緩和する方法もあります。

更年期障害は自律神経の乱れだけじゃない

更年期が原因で症状が発生している場合には、自律神経の乱れを整えてあげるだけでは根本からの改善にはなりません。なぜなら、自律神経が乱れてしまう根本の原因は、エストロゲンの分泌量低下に伴うホルモンバランスの乱れだからです。更年期障害の症状には、自律神経系の症状以外にも精神神経系の症状や知覚系の症状など他にもさまざまな症状を発症する場合があります。

では、ホルモンバランスを整えるにはどのようにしたら良いのでしょうか?

ホルモンバランスを整えるのに有効なのは大豆イソフラボンとエクオールです。大豆イソフラボンは、身体の中でエストロゲンと似た働きをし、減少したエストロゲンを補う作用を持っています。エクオールは、大豆イソフラボンのダイゼインが腸内細菌のチカラで変化した「スーパーイソフラボン」とも呼ばれている成分で、大豆イソフラボンよりもエストロゲンに似た働きをすることで知られています。更年期障害の症状緩和が目的の場合には、自律神経だけを整えるのではなく、ホルモンバランスを整えることを重視すると良いかもしれません。

自律神経が乱れると身体が不調になるメカニズム

自律神経が乱れると身体には様々な不調が現れます。なぜ、自律神経が乱れるといけないのでしょうか。

まず自律神経は「交感神経」と「副交感神経」に分類されます。交感神経は、活動している時や緊張、ストレスを感じる時に働きます。逆に副交感神経はリラックスした時や眠っている時に働きます。交感神経と副交感神経はシーソーのように交互に働き、同時に働くことはありません。

活動時には交感神経が働き身体が動かす。身体を休める時には副交感神経が働いて疲れた身体を回復させる。と考えると分かりやすいかもしれません。私たちの体は「交感神経」と「副交感神経」が交互に働くことで健康な生活を送ることができています。

しかし、油断していると自律神経はすぐに乱れてしまいます。一番分かりやすい例で言えば「ストレス」です。人間の体はストレスを感じると交感神経が働きます。一時的なストレスであれば問題ありませんが、仕事などで過度なストレスを受け続けるとどうなるでしょうか?そうなると副交感神経が働くなくなって、身体を休めることができません。1日くらいなら大きな影響はないかもしれませんが、これが長い時間続くと心身に深刻なダメージを受けてしまうこともあります。

何かすごく嫌なことがあると家に帰っても、お風呂に入っていても、寝ようと布団に入っても、イライラしたり、そのことを考えてしまいますよね。そうなると危険です。副交感神経が働く時間が少なくなるため、自律神経のバランスが乱れます。この状態を自律神経失調症と呼びます。

身体の様々な不調の原因となる自律神経失調症は更年期障害を悪化させる原因になります。更年期障害が悪化すると、さらにストレスを感じ、自律神経のバランスは乱れ・・・。更年期障害を克服するためにも自律神経のバランスを整えるように心がけましょう。特にストレスは更年期の大敵です。更年期の女性は特にストレスを発散するように心がけましょう。

厚労省「自律神経失調症」(外部サイト)

エクオールを作れるのは2人に1人?

エストロゲンの減少によって起こる更年期障害の緩和に有効とされるエクオールですが、実はすべての人が大豆イソフラボンからエクオールを作れるというわけではありません。大豆イソフラボンをエクオールに変換するためには、エクオール産生菌という腸内細菌が必要で、この菌はすべての人の腸に住んでいるわけではありません。

腸内細菌は、子供の頃の食生活などによって小さい頃に腸に住むか住まないかが決まってしまうと言われています。そのため、大きくなってからエクオール産生菌を住まわせることは難しいと言えます。

日本女性のうち、このエクオール産生菌を持っているのは2人に1人と言われています。つまり、いくら大豆イソフラボンを摂取しても半数の女性は更年期障害により効果的とされるエクオールを作ることができていません。

大豆イソフラボンからエクオールを作ることが出来るかどうかは、簡単に調べることもできます。エクオール検査というのがあり、多くは採尿によって調べることができます。エクオールは身体の中で働いた後は尿として排泄されるので、尿にエクオールが含まれていればエクオール産生菌が腸内にいるということになります。インターネットでも手軽に検査キットを購入して調べることが出来ます。

エクオールサプリで手軽にエクオール摂取!

大豆イソフラボンからエクオールが作れない場合は、エクオールをサプリメントで摂取する方法があります。もちろん、エクオール産生菌を持つ人でも、毎日大豆製品を食べ続けるよりも手軽にエクオールを摂取できるため、更年期障害で悩む女性の間でエクオールサプリの存在は注目されています。

エクオールサプリは、基本的に有効とされる10mgの摂取目安量で配合されており、食事から摂取できる大豆イソフラボンやエクオールの量を毎日計算するストレスもなく、手軽に確実にエクオールを摂取することができます。

わずかなストレスでも敏感になりがちな更年期障害への対策だからこそ、手軽に続けられるサプリメントが今注目されています。

当サイトのイチオシ商品は?

どれにするか迷ったら、コレで間違いなし!

AMCのエクオールサプリは、エクオール研究の専門医との共同開発配合成分、安全性、人気、口コミ、どれをとっても文句なしのNo.1!

エクオール配合量は業界トップクラスの10mg配合。エクオール産生を助けるラクトビオン酸を配合しているのは本当に貴重です。

サプリメントとしての価格は高めです。しかし、「これでつらい更年期障害が楽になるなら安い買い物」と決意して購入される方も多数。原則、定期便でのお届けですが、初月解約OKなので安心してお申し込みできます。