更年期の生理不順!症状、見分け方、改善対策をまとめます

更年期には生理不順が起こりやすいと一口に言われていますが、実際にはさまざまな症状があります。そのため更年期が原因で現れた生理不順なのか、それとも別の原因で現れたものなのか判断がつきにくいケースがしばしば起こります。

ここでは更年期に現れやすい生理不順の症状からその見分け方をまとめていますので、気になる方はチェックをしてみてください。

更年期の生理不順はなぜ起こる?

月経は、女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンによってコントロールされ、一定の周期によって繰り返されるものです。更年期を迎えると卵巣の働きが衰え、エストロゲンの分泌量が低下するようになってきてしまいます。これによって身体のホルモンバランスが崩れ、コントロールされていた月経周期が乱れて生理不順が起こります。

また、ホルモンバランスが崩れることで、生理不順以外にもさまざまな症状が身体に現れることがあります。更年期に現れるそれらの症状を更年期症状と呼び、重症化したものを更年期障害と呼んでいます。つまり、更年期における生理不順というのは、何か身体に深刻な異常があって現れる特別な症状ではありません。もちろん症状の現れ方には個人差がありますが、女性ならば誰しもが閉経を迎えるまでの間に経験をするものですので、過度な心配をする必要はありません。

生理不順の症状の見分け方

更年期における生理不順といっても、更年期というのは約10年という期間があります。その間に現れる生理不順というのも少しずつ症状が変わってきます。一般的には、まずは月経の期間が通常より短くなる『頻発月経』の症状が現れるようになってきます。その後、月経周期が逆に長くなる『稀発月経』の症状が現れ、稀発月経の期間も徐々に長くなり、月経が1年以上なくなった場合に閉経を迎えることとなります。

また閉経までの間には、生理周期の乱れ以外にも、女性ホルモンのバランスが崩れることによって月経期間の長短や出血量の多寡などの症状が見られるようになります。

稀発月経・頻発月経(きはつげっけい・ひんぱつげっけい)

月経は、25~38日のサイクルが正常な周期です。個人差があるものですので、多少は前後しても問題ないでしょう。ただし、39日以上期間が開いた場合には稀発月経を、24日以下の場合には頻発月経を疑ってみたほうが良いかもしれません。また、更年期を迎える前に頻発月経が現れている場合には、黄体機能不全を疑ってみると良いでしょう。

過長月経・過短月経(かちょうげっけい・かたんげっけい)

月経期間が8日以上続く場合を過長月経、逆に2日程度で終わってしまう場合を過短月経といいます。いずれもホルモンバランスが崩れていることにより現れる症状ではありますが、子宮の病気の場合も考えられます。また過短月経の場合には、甲状腺機能異常も考えられますので気になる場合には診察を受けてみるようにしましょう。

過多月経・過少月経(かたげっけい・かしょうげっけい)

月経時の出血量が多い場合を過多月経、少ない場合が過少月経です。過多月経は出血量が増える以外にも、ひどい月経痛やかたまりが混じったりする場合もあります。生理不順の症状として現れるだけではなく、子宮がんや子宮筋腫、子宮内膜症などの子宮に関わる病気の症状として現れる場合もあります。また、過少月経の場合はバセドウ病など甲状腺に異常がある場合にも症状として現れる場合があります。

子宮に関わる病気の場合には過長月経と過多月経、甲状腺に関わる病気の場合には過短月経と過少月経がそれぞれ合わせて起こりやすい症状となっています。両方とも当てはまる場合、あるいは片方だけでも、気になる場合にはまずは診察を受けてみるようにしましょう。

更年期における生理不順の対策

まとめたとおり、更年期における生理不順は、卵巣の機能が低下し女性ホルモンの分泌量が減少することで起こるホルモンバランスの乱れが原因となります。そのため、対策としては乱れたホルモンバランスを整えるということが重要となってきます。

ホルモンバランスを整えてくれる成分として有名なのが、大豆イソフラボンとエクオールです。大豆イソフラボンやエクオールは、身体の中でエストロゲンに似た作用をし、更年期障害の症状を緩和する成分として広く知られています。

大豆イソフラボンは、大豆製品などに多く含まれている成分です。エクオールは、その大豆イソフラボンを構成する成分のひとつ、ダイゼインから身体の中で作られる成分です。エクオールの方が大豆イソフラボンよりも、よりホルモンバランスを整えるチカラが強いと言われています。

更年期障害に有効とされるエクオールの量は10mg程度と言われています。大豆イソフラボンではおおよそ50mg摂取すると、エクオールが10mg程度作られます。大豆製品で言えば、納豆1パック、豆腐2/3丁、豆乳コップ1杯程度です。毎日続けるのにも無理のない量なので、大豆製品で更年期障害の緩和を取り組むのもとても良い方法です。

しかし、よりホルモンバランスを整えるチカラが強いとされるエクオールを大豆イソフラボンから作るとなると、実は大豆イソフラボンを摂取した全ての人が作れるというわけではありません。

エクオールサプリも有効

エクオールは、大豆イソフラボンの一成分であるダイゼインから腸内細菌のエクオール産生菌によって作られます。このエクオール産生菌は小さい頃の食生活などによって生息するか否かが決まると言われています。そして、日本人女性の中では約半数しかエクオール産生菌を持っていないと言われています。

自分がエクオールを作れるかどうかは簡単に検査することが可能です。エクオールは尿と一緒に排泄されるため、採尿によって検査することができます。エクオール検査(ソイチェック)は病院だけでなく、インターネットで検査キットを購入して調べるということができます。

もしエクオールを作れる体質でなかったとしても、エクオールを配合したサプリメントがあります。エクオールサプリは1日の目安量が書かれており、摂りすぎず安定して摂取することができます。エクオールは貯めておけない成分のため、毎日きちんと摂取することが大切です。

大豆イソフラボンやエクオールサプリなどを試してみて、それでも生理不順の症状が辛い場合には、婦人科などお医者さんに相談をしてみましょう。

⼥性のライフステージを考慮した健康づくり」(外部サイト)

当サイトのイチオシ商品は?

どれにするか迷ったら、コレで間違いなし!

AMCのエクオールサプリは、エクオール研究の専門医との共同開発配合成分、安全性、人気、口コミ、どれをとっても文句なしのNo.1!

エクオール配合量は業界トップクラスの10mg配合。エクオール産生を助けるラクトビオン酸を配合しているのは本当に貴重です。

サプリメントとしての価格は高めです。しかし、「これでつらい更年期障害が楽になるなら安い買い物」と決意して購入される方も多数。原則、定期便でのお届けですが、初月解約OKなので安心してお申し込みできます。