更年期の女性を悩ませる落ちにくい更年期脂肪とは

女性にとって悩みの種ともなる更年期。ほとんどの女性は概ね40代後半から50代前半くらいまでに閉経をむかえるのですが、その前後10年間ほどの時期を更年期といい、ホルモンバランスなどの関係により更年期太りに悩まされる方も少なくありません。

またこの時期につく脂肪はウエスト周りなど女性にとって気になる部分についてしまい、体形維持にも悩まされてしまいます。

美人ホルモンとも呼ばれるエストロゲン

今までと変わりない食生活・運動状況にもかかわらず更年期にはいるとなぜか太りやすくなってきた…といった声をよく耳にしますが、一体なにが原因なのでしょうか。特に生活スタイルに変化があったわけでもないのに太る原因は、美人ホルモンとも呼ばれる女性ホルモン、エストロゲンにあったのです。

エストロゲンは生理のおわりから次の排卵日までに多く分泌されるホルモンで、妊娠・出産をするうえでとても重要なホルモンです。着床しやすくするために子宮内膜を厚くし、母乳をつくるためにも必要不可欠です。また、丸みをおびた女性らしい身体をつくり自律神経を整えてくれたりと、女性の体を健康に美しく保つエストロゲンですが、このエストロゲンには身体の脂肪吸収を阻止する働きもあるのです。

卵巣機能の低下がエストロゲンを減少させる

エストロゲンは卵巣から分泌されるホルモンです。脳の下垂体という部分からエストロゲン分泌の指令が送られ、卵巣より分泌されます。しかし、更年期に入り卵巣機能が低下してしまうと、脳から分泌するよう指令が出ても、エストロゲンを分泌することができなくなります。このことで脳は混乱してしまいます。

卵巣に指令を送っている下垂体は、自律神経を調整する視床下部の下部に存在し、この2つは密接な関係にあります。更年期に入り、イライラしたり、落ち込んだりと精神が不安定になったり、のぼせや多汗などの自律神経の乱れによる体調不良が起こるのはこのためです。

厚労省「更年期障害」(外部サイト)

生活スタイルの変化はなくとも、脂肪と体重は増加

LPL(リポタンパクリパーゼ)という酵素は血液中の中性脂肪を「グリセロール」と「遊離脂肪酸」の2つの物質に分解します。遊離脂肪酸とは、体の中で中性脂肪へと変化する物質です。エストロゲンはこのLPLという酵素の働きを阻害してくれます。そのため、エストロゲンが分泌されると脂肪が蓄積するのを防ぎ、脂肪がつきにくくなっているのです。

更年期ではエストロゲンの分泌が低下、つまりLPLの働きを阻害するものが減少することで身体に脂肪が蓄積されてしまいます。これが更年期脂肪です。

蓄積しやすく落ちにくいのが脂肪

身体に更年期脂肪がつき始め、ダイエットのために運動や食事制限をしているにもかかわらずなかなか体重が減らない…それは基礎代謝が減少してしまっているからです。基礎代謝とは、普段の生活をしているだけで消費しているエネルギーのことですが、この基礎代謝量は年齢とともに減少してしまいます。

また基礎代謝量は筋肉量とも関係が深く、同じ体重でも筋肉量が多い人は基礎代謝量も多く痩せやすいです。筋肉はエネルギーを消費してくれる働きがあります。運動しても痩せないと悩んでいる方は運動の方法に問題があります。主に皮下脂肪と呼ばれるものが更年期脂肪とし身体につく脂肪です。

皮下脂肪は、内臓脂肪とは違い有酸素運動(ウォーキングや水泳など)ではなかなか燃焼されません。そのため、皮下脂肪を燃焼させるためにはまずは基礎代謝を高めるために筋肉量を増やすことが第一です。有酸素運動ではなく、軽度な筋力トレーニングを行うことで身体の筋肉量を増やし、基礎代謝を高めることで少しずつですが皮下脂肪が減少していきます。継続する努力と時間は必要となりますが、更年期脂肪とは時間をかけて向き合うことで良い結果を得ることができるでしょう。

大塚製薬「メタボリックシンドローム本体は内臓脂肪の過剰蓄積」(外部サイト)

エストロゲンの分泌不足を補うならエクオール

身体についてしまった更年期脂肪の対策には、基礎代謝を上げるなど燃えやすい身体作りをすることももちろん大切ですが、つらい更年期障害の対策として今エクオールという成分が注目されています。

エクオールは、大豆イソフラボンから作られる成分です。大豆製品などに含まれる大豆イソフラボンは、エストロゲンと似た働きがあるとして知られており、その大豆イソフラボンから作られるエクオールという成分が特に更年期障害の緩和に有効と言われています。

更年期障害の緩和へ効果が期待できるエクオールの1日の摂取目安量は10mgです。個人差はありますが、大豆イソフラボン50mgを摂取すると、エクオール10mg程度が作られます。納豆で1パック、豆乳でコップ1杯、豆腐で2/3丁でだいたい大豆イソフラボンを50mg程度摂取できます。

エクオールを作れるのは日本人の半数だけ

更年期障害に苦しむ女性であれば積極的に摂取したいエクオールですが、実は、大豆イソフラボンからエクオールを作ることができるのは日本人の半数だけです。これは、エクオールを作るために必要なエクオール産生菌を持つ人が日本人の半数しかいないからです。

エクオール産生菌は、腸内細菌の一種です。腸内細菌は、幼少期の食事などで定着するかしないかが決まってしまうと言われています。エクオール産生菌も、幼少期に定着の有無が決まってしまい、後からエクオール産生菌を持つようになるのは困難だと言われています。

エクオール産生菌を持っているかどうかは、エクオール検査で調べることができます。病院でも検査できるところはありますが、インターネットで検査キットを購入して手軽に検査することができます。

エクオールサプリで手軽に更年期対策

もしエクオール産生菌を持っていなかった場合はどうしたらいいのでしょうか。

その場合は、エクオールサプリがオススメです。サプリメントであれば、エクオール産生菌の有無に関わらず、手軽に安定してエクオールを摂取することができます。目安量の10mgに合わせて配合されているものがほとんどなので、食事などで摂取量を計算しなくてもよく、摂りすぎる心配もありません。

エクオールサプリには、エクオール以外にも有効な成分を配合しているものが多くあります。ラクトビオン酸もそのひとつです。ラクトビオン酸は、エクオールを消化吸収するための大切な環境、腸内環境を整えてくれます。また、カルシウムの吸収をよくし、更年期に起きやすい骨粗しょう症の予防もしてくれます。

更年期障害の症状は、自律神経に作用し、イライラや落ち込みでやる気を無くさせてしまうこともあります。更年期脂肪と前向きに付き合うためにも、大豆イソフラボンやエクオールを摂取してエストロゲンの減少を補いましょう。

当サイトのイチオシ商品は?

どれにするか迷ったら、コレで間違いなし!

AMCのエクオールサプリは、エクオール研究の専門医との共同開発配合成分、安全性、人気、口コミ、どれをとっても文句なしのNo.1!

エクオール配合量は業界トップクラスの10mg配合。エクオール産生を助けるラクトビオン酸を配合しているのは本当に貴重です。

サプリメントとしての価格は高めです。しかし、「これでつらい更年期障害が楽になるなら安い買い物」と決意して購入される方も多数。原則、定期便でのお届けですが、初月解約OKなので安心してお申し込みできます。