更年期にオススメ!大豆イソフラボンの効果・効能まとめ

更年期障害に大豆イソフラボンがおススメという情報を、TVや雑誌の特集などで一度は目にしたことはありませんか?大豆イソフラボンを含む大豆製品が更年期障害におススメされるのには、きちんとした理由があります。大豆イソフラボンのことをよく知らずに食べても効果は得られますが、知っておくと毎日食べる習慣をつくりやすくなります。

ここでは大豆イソフラボンの効果・効能について詳しく解説していきます。

どうして大豆イソフラボンは更年期におススメなのか

大豆イソフラボンが更年期におススメされるのは、身体の中で女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをしてくれるからです。更年期になると、卵巣の働きが低下することでエストロゲンの分泌量が減少してしまいます。脳がエストロゲンを分泌するように指令を出しているのに分泌されなくなります。このような状態によって脳が混乱してしまいさまざまな不調が身体に現れるようになります。このさまざまな不調が重症化したものが更年期障害です。

大豆イソフラボンはエストロゲンの代わりに働くことで、更年期障害の症状を緩和する効果が確認されています。大豆イソフラボンは主にダイゼイン、グリシテイン、ゲニステインという3つの成分でできています。「スーパーイソフラボン」とも呼ばれているエクオールは、大豆イソフラボンの1種であるダイゼインから体内の腸内細菌により変換される成分です。

エクオールは、大豆イソフラボンよりも効果的に更年期障害の症状を緩和してくれると言われ、更年期障害への効果が期待されています。大豆イソフラボンは、そのままの状態でもエクオールに変換されても、更年期障害の症状緩和効果があり、更に他にも嬉しい効果があることから、更年期の女性には好まれています。

大豆イソフラボンのその他の効果・効能まとめ

大豆イソフラボンには、更年期障害の症状緩和以外にも、身体に嬉しいさまざまな効果・効能があります。

抗酸化作用

老化の原因となる活性酸素。活性酸素は、高い酸化力によりウィルス除去などの働きをします。しかし活性酸素が過剰に増えてしまうと、身体の細胞を酸化させ老化の原因になると言われています。大豆イソフラボンの1種であるゲニステインは抗酸化作用に優れており、身体の中で発生した活性酸素を除去する働きがあります。

動脈硬化の予防

コレステロールや中性脂肪といった脂質が活性酸素によって酸化してしまうと、過酸化脂質と呼ばれるものに変化してしまいます。過酸化脂質は、動脈硬化や老化、シワの原因となってしまいます。大豆イソフラボンには抗酸化作用があるのでコレステロールや中性脂肪が過酸化脂質となるのを防ぎ、動脈硬化を予防してくれます。動脈硬化予防は心筋梗塞などの生命に関わる病気にも大きく影響しますので、重要です。

骨粗しょう症の予防

更年期は、骨粗しょう症のリスクが高まる時期です。私たちの骨は何の変化もしていないようで、実は古い骨を壊し(骨吸収)、新しい骨を作り出す(骨生成)新陳代謝を繰り返しています。エストロゲンには骨吸収のスピードを緩やかにして、骨からカルシウムが溶け出すのを遅らせる働きがあります。エストロゲンの分泌量が低下すると、骨を作り出すスピードよりも骨を壊すスピードのほうが早くなってしまいます。大豆イソフラボンを摂取することで骨密度の低下を防いでくれるので、骨粗しょう症を予防する効果があります。

美肌効果

女性ホルモンのエストロゲンにはコラーゲンやヒアルロン酸を作り出す作用を持っています。その為、更年期による卵巣機能の低下でエストロゲンの分泌量が低下してしまうと、美肌を作り出すチカラが弱まってしまいます。大豆イソフラボンを摂取することで、肌の老化を防止する効果が期待できます。

エクオールをつくれるのは半数!?

大豆イソフラボンよりもさらに更年期障害に有効と言われるエクオールですが、大豆イソフラボンからエクオールをつくることができるのは日本人の約50%だけと言われています。大豆イソフラボンに含まれている「ダイゼイン」という成分が、腸内細菌、エクオール産生菌の働きにより変換され、エクオールがつくられます。このエクオール産生菌が住んでいるのが日本人女性の約半数と言われてます。

腸内細菌は、幼少期の食事などによって定着するかが決まると言われています。エクオールも腸内細菌のひとつであり、幼少期に定着するかどうかが決まってしまいます。そのため、大人になってからエクオール産生菌が住んでいる腸内環境にするというのは難しいのです。

自身がエクオールがつくれる体質かどうかはエクオール検査(ソイチェック)をすることで簡単に調べることができます。最近ではエクオール検査キットがネットでも購入できます。エクオールは必要な働きをした後は尿となって排泄されます。そのため、採尿による検査で簡単に調べることができます。

エクオール産生菌が住んでいるかどうかは更年期の女性にとっては大切な問題です。エクオール産生菌がいないことを知らずに、大豆製品を毎日摂っていて思うような効果が得られず残念な思いをしている人もいるかもしれません。更年期の女性は一度チェックすることをオススメします。

エクオール摂取ならエクオールサプリ

大豆イソフラボンは、それだけでも美容や健康に良い効果が期待でき、とても素晴らしい成分です。様々な悩みが尽きない更年期の女性にとって、抗酸化作用や美肌効果など嬉しい効果がたくさんあります。加えて、更年期障害の緩和という面で見ると、大豆イソフラボンから作られるエクオールという成分はぜひ摂取したい成分でもあります。

しかし、エクオール産生菌のない人は大豆イソフラボンからエクオールを作ることができません。そんな人は、エクオールサプリを試してみるといいでしょう。更年期障害に有効とされる1日10mgの目安量でエクオールが配合されているものが多く、大豆製品を毎日食べるよりも手軽にエクオールを摂取できます。

エクオールサプリの中には、ラクトビオン酸という有効成分を含んでいるものもあり、腸内環境を整えたり、カルシウムの吸収を高めて骨粗しょう症を予防してくれたりと嬉しい効果も期待できます。

つらい更年期障害の緩和を考える場合は、大豆イソフラボンを摂るというのもとてもいい方法ですが、手軽で安定して摂取できるエクオールサプリを試してみるのもいいかもしれません。エクオールは貯めておくことが出来ない成分でもあり、毎日続けやすいというのもサプリメントの良いところです。

当サイトのイチオシ商品は?

どれにするか迷ったら、コレで間違いなし!

AMCのエクオールサプリは、エクオール研究の専門医との共同開発配合成分、安全性、人気、口コミ、どれをとっても文句なしのNo.1!

エクオール配合量は業界トップクラスの10mg配合。エクオール産生を助けるラクトビオン酸を配合しているのは本当に貴重です。

サプリメントとしての価格は高めです。しかし、「これでつらい更年期障害が楽になるなら安い買い物」と決意して購入される方も多数。原則、定期便でのお届けですが、初月解約OKなので安心してお申し込みできます。