更年期障害で起こるホットフラッシュの原因と対策

さまざまな症状が起こる更年期障害。更年期障害の代表的な症状のひとつがホットフラッシュです。突然顔が熱くなったり、大量の汗をかいたりしてしまうホットフラッシュ。いったいなぜホットフラッシュが起こってしまうのか?その原因とホットフラッシュ対策をご紹介します。

ホットフラッシュが起こる理由

ホットフラッシュをはじめとする更年期障害は、エストロゲンの分泌量が減少してホルモンバランスが崩れてしまうことが原因で起こります。エストロゲンは、脳の下垂体からの指令で卵巣から分泌されますが、45〜55歳の更年期を迎えて卵巣機能が衰えるとエストロゲンの分泌量は低下してきます。

指令を出しているにも関わらずエストロゲンが分泌されてこないことで脳が混乱を起こし、自律神経の調整ができなくなることで更年期障害のさまざまな症状が発生します。ホットフラッシュは、自律神経が不調になり、血管の収縮・拡張のコントロールが乱れてしまうことが原因で発生してしまいます。

更年期障害

ホットフラッシュ対策

ウェットティッシュやタオルを持ち歩く

ホットフラッシュが発生したときには、うなじや脇などを冷やしてあげると症状を落ち着かせることができます。また、汗をかいたままにしておくと風邪を引いてしまうかもしれません。そこまでかさばるものではありませんので、ホットフラッシュが心配なときはお出かけ用のバッグにいれておくと安心です。

ホルモン補充治療(HRT)

外部から女性ホルモンを補充して乱れたホルモンバランスを整え、更年期障害の症状を和らげるというのがホルモン補充治療(HRT)です。HRTはお医者さんの診断が必要になることと、人によってはHRT治療が受けられない、あるいはおすすめできない場合があることに注意しましょう。

精神安定剤や漢方薬を使用する

自律神経を安定させるのに、漢方薬や精神安定剤を使用することもあります。また、HRTと併用される場合もあります。漢方では体質の分類方法として、虚弱な「虚証」、壮健な「実証」、そのどちらでもない「中間証」という考え方があります。更年期障害に主に用いられる漢方として、実証の方には桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)・虚証の方には当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)中間証の方には加味逍遥散(かみしょうようさん)などがあります。

更年期障害をやわらげるならエクオールがオススメ!

身体の中で、女性ホルモンと似た働きをしてくれるエクオール。大豆イソフラボンが腸内細菌の働きでエクオールに変化するのですが、誰もがエクオールを作れるというわけではありません。検査してエクオールを作れるかどうかを調べることもできますが、サプリメントでお手軽に摂取することもできます。エクオールを摂取することで、ホットフラッシュの症状を和らげる効果が確認されています。

>> 人気のエクオールサプリはこちらから

エクオールをつくれるのは約半数?

エクオールは大豆イソフラボンからつくられますが、エクオール産生体質は日本人の50%と言われています。つまり豆腐や納豆などの大豆製品(大豆イソフラボン)を食べても約半数はエクオールを体内で作ることができません。

エクオールは大豆イソフラボンが腸内細菌の一つであるエクオール産生菌により作られます。この腸内細菌を持っているかどうかは幼少期に食べた食品などにより決まると言われています。自分がエクオール産生菌を持っているかどうかは、ネット販売されている検査キットを使ってエクオール検査(ソイチェック)により調べることができます。

そのためエクオールをつくれない人が食生活などでエクオールをつくれるようになるのは困難と言われています。もしエクオール産生菌を持っていなかったとしても、エクオールサプリを飲むことでエクオールを直接補給できます。エクオールサプリなら大豆製品を毎日食べる必要もないため、更年期の女性の間ではエクオールサプリを活用する人が急増しています。

当サイトのイチオシ商品は?

どれにするか迷ったら、コレで間違いなし!

AMCのエクオールサプリは、エクオール研究の専門医との共同開発配合成分、安全性、人気、口コミ、どれをとっても文句なしのNo.1!

エクオール配合量は業界トップクラスの10mg配合。エクオール産生を助けるラクトビオン酸を配合しているのは本当に貴重です。

サプリメントとしての価格は高めです。しかし、「これでつらい更年期障害が楽になるなら安い買い物」と決意して購入される方も多数。原則、定期便でのお届けですが、初月解約OKなので安心してお申し込みできます。