日本人女性の半数だけ!エクオール検査(ソイチェック)で簡単チェック

スーパーイソフラボンと呼ばれ、更年期障害の症状を軽くしてくれるといわれるエクオール。まさに更年期障害に悩んでいる女性の救世主のような存在として話題になっています。しかし、エクオールをつくることができるのは日本人の約50%だけ。エクオールをつくれる人、つくれない人かを見極める検査の方法についてご説明します。

なぜエクオールが更年期障害に効くの?

そもそも更年期とは、閉経前後10年間程を指し、だいたい45〜55歳のころを言います。更年期になると卵巣機能の低下により、女性ホルモン、エストロゲンの分泌が減少します。しかし、脳は必要に応じて、卵巣からエストロゲンを分泌するよう命令を出します。命令は出ているけれども、実際には分泌されない、このことで脳が混乱し、様々な不調を引き起こします。この不調を更年期障害と呼びます。

卵巣からエストロゲンを分泌するよう指示を出している脳の下垂体という部分は、実は自律神経を司る視床下部の下部に存在し、自律神経ととても密接な関係があります。そのため、エストロゲンの分泌の低下によって、身体にも不調が出るようになるのです。

このエストロゲンと似た働きがあるとして知られているのが大豆イソフラボンです。そして、その中でも大豆イソフラボンから作られるエクオールという成分が、特にエストロゲンと似た働きを持つと言われ、減少したエストロゲンの働きを補う効果があると注目されています。

エクオールはどうやって作られる?

エクオールというのは、大豆イソフラボンに含まれている「ダイゼイン」という成分から作られます。ダイゼインは腸内細菌の一つである『エクオール産生菌』と呼ばれる菌の働きによってエクオールに変化します。このエクオール産生菌が腸内に生息している人はダイゼインをエクオールに変換することができるため、大豆イソフラボンの恩恵を多く受け取ることができるというわけです。

では、エクオール産生菌が生息する人と生息しない人は、どのような違いがあるのか。このことについては、未だ研究が続けられているところです。一般的に、腸内に住み着く腸内細菌は小さい頃に決まると言われています。エクオールも腸内細菌の一つなので、幼少期に生息するかしないかが決まってしまうと言います。つまりエクオール産生菌を持っていない人が、後からエクオール産生菌を持つようになるのは難しいと言えます。

しかし内臓についてもまだまだ分からないことが多いため、研究が進めば、もしかすると近い将来、誰の腸内にもエクオール産生菌が生息することができるようになるかもしれませんね。

エクオール検査(ソイチェック)とは

エクオール産生菌が腸内に生息しているかどうかは、エクオール検査(ソイチェック)によって確認をすることができます。検査キットは通販でキットを購入して検査を行うか、ソイチェックを実施しているお医者さんを探して検査を行うかのどちらかとなります。

検査方法は尿を採取しての検査が一般的で家庭でも手軽に実施することができます。エクオールや大豆イソフラボンは、身体のなかで作用した後に尿と一緒に排泄されるので、尿を検査してエクオールが検出されれば、身体のなかでエクオールがつくられているということになるわけです。

手軽にできるソイチェクですが、検査を受けるときには注意したいことがあります。それは、エクオールサプリを摂取した直後に検査を行うと、尿からサプリの影響でエクオールが検出されてしまうということです。エクオールを摂取したような場合は3日以上空けてから検査を行うようにしましょう。

楽天市場「エクオール検査キット」(外部サイト)

エクオールがつくれなくても諦めなくてよい

エクオール産生菌を持っていない場合には、大豆製品からエクオールを作ることはできません。しかし、エクオール配合のサプリメントなら直接エクオールを摂取することができます。そのためエクオールがつくれない人でもエクオールの効果を得ることができます。

また、エクオールがつくれる人でも、エクオールをつくるためには大豆イソフラボン(大豆製品)を摂取する必要がありますが、大豆イソフラボンを毎日摂取するのもなかなか大変なことです。エクオールサプリメントを持っていると、いざというときにサッと摂取することができるのでエクオールをつくりだすことが出来る人にもおススメです。

1日に必要なエクオールの量は?

エクオールの1日の推奨摂取量は厚労省などで公的に定められているわけではありません。臨床試験などで分かっているのは1日10mgのエクオールを摂取することで更年期障害などに効果を発揮するということです。

エクオール10mgは、大豆イソフラボンおおよそ50mgからつくられます。大豆イソフラボン50mgというのは食品に換算すると「納豆1パック(50g)」「豆腐2/3丁(200g)」「豆乳1杯(200ml)」となります。意外と現実的な量に思われるかもしれません。

ただし、これらは毎日摂取する必要があるため、エクオール産生菌を持つ女性でもエクオールサプリを利用する方が急増しています。またエクオールサプリにはエクオール生成をサポートする「ラクトビオン酸」などを配合しているものもあるため大豆製品で摂取するよりも効率よくエクオールを摂取できます。

独立行政法人国立健康・栄養研究所「エクオールの有意性」(外部サイト)

当サイトのイチオシ商品は?

どれにするか迷ったら、コレで間違いなし!

AMCのエクオールサプリは、エクオール研究の専門医との共同開発配合成分、安全性、人気、口コミ、どれをとっても文句なしのNo.1!

エクオール配合量は業界トップクラスの10mg配合。エクオール産生を助けるラクトビオン酸を配合しているのは本当に貴重です。

サプリメントとしての価格は高めです。しかし、「これでつらい更年期障害が楽になるなら安い買い物」と決意して購入される方も多数。原則、定期便でのお届けですが、初月解約OKなので安心してお申し込みできます。