エクオールをつくる腸内細菌と腸内フローラ

更年期とは、一般的に45〜55歳の閉経前後およそ10年間を指します。この期間は、卵巣機能の低下により女性ホルモン、エストロゲンの分泌が急激に減少します。女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンがありますが、このエストロゲンの分泌が急激に減少することで、身体や精神に不調が現れます。

脳は必要に応じてエストロゲンの分泌を要求するのですが、卵巣から分泌されるエストロゲンは卵巣機能の低下によりうまく分泌できず、そのことで脳が混乱すると言われています。脳でエストロゲンの分泌を命令している部分は、自律神経に関わる視床下部の下部に存在するため、様々な不調を引き起こしてしまいます。

こうした女性ホルモンの減少などが原因で現れる、更年期の身体や精神的な不調を更年期症状と呼び、より辛く重症化したものを更年期障害と呼んでいます。

ウイルスや怪我のように客観的に分かりやすいものではないため、ひとりで辛い思いを抱えて苦しんでいる女性はたくさんいます。そうしたつらい更年期障害に有効と言われているのが大豆イソフラボンです。

大豆イソフラボンで更年期を克服?

エストロゲンと似た働きをする成分として、大豆イソフラボンはよく知られています。大豆イソフラボンにより減少したエストロゲンが補われるため、更年期障害が軽くなると言われています。しかしこの大豆イソフラボンの効果には個人差がかなりあることが知られていました。

その理由はスーパーイソフラボンと呼ばれる「エクオール」にありました。

大豆イソフラボンとエクオール

大豆イソフラボンにはグリシテイン、ダイゼイン、ゲニステインという3つの成分からできています。ダイゼインは体内のエクオール産生菌という腸内細菌の働きにより「エクオール」という成分に代謝(変換)されます。このエクオールは大豆イソフラボンよりも更年期障害への効果が高いということが、最近の研究でわかってきました。

エクオールは更年期障害以外にも、骨粗しょう症予防、PMS(月経前症候群)、薄毛・脱毛、美白やシミの改善、乳がん予防、メタボ対策などにも効果が期待されています。

腸内細菌と腸内フローラ

エクオールをつくるエクオール産生菌以外にも、腸内細菌はたくさん存在しています。その数はなんと数百種類600兆個と言われています。腸内細菌を大きく分けると、乳酸菌に代表される「善玉菌」と、便秘などの元になる「悪玉菌」の2種類があります。そのほかにも「日和見菌」と言われる菌も存在し、日和見菌は腸内環境により善玉菌にも悪玉菌にもなると言われています。

腸内細菌は種類ごとにグループになって腸内に住んでいます。この様子はお花畑(flora)のように見えることから「腸内フローラ」と呼ばれています。テレビCMやテレビ番組でも腸内フローラは特集を組まれるなど、話題になっています。

厚労省「腸内細菌と健康」(外部サイト)

大豆イソフラボンについて

大豆イソフラボンは分子が大きいものと、分子が小さいものの2種類があります。一般的な大豆食品に含まれる大豆イソフラボンは分子が大きく、腸内で吸収されにくいと言われています。味噌などの発酵食品に含まれる大豆イソフラボンは分子が小さく、比較的吸収されやすくなっています。

大豆イソフラボンが腸内に入ってきた場合は、腸内細菌の働きでより分子が細かく、吸収しやすいものに分解されます。しかし、腸内細菌の数が少ない場合や、働きが弱い場合は分解がうまく進まずに余り吸収されないこともあるため、更年期障害を克服するためにも腸内フローラを正常に保つことが大切です。

エクオールをつくれるのは2人に1人?

エクオール産生菌を持っているのは、日本人女性の2人に1人と言われています。この菌を持つか持たないかは小さい頃の食事によって決まると言われ、大人になってからエクオール生産菌を持つ体質に変えることは難しいといえます。エクオール産生菌を持っていなければ体内でエクオールをつくることはできません。

毎日納豆や豆腐を一生懸命食べて、大豆イソフラボンを摂取しているのに更年期障害が楽にならないという場合はエクオール検査によりエクオール産生菌の有無を調べてみてもいいでしょう。エクオール産生菌の有無はエクオール検査で簡単に調べることができます。基本的には尿を採取して検査をします。エクオールは尿から排出されるので尿からエクオールが排出されれば、エクオール生産菌があるということになります。

厚労省「大豆及び大豆イソフラボンに関するQ&A」(外部サイト)

エクオールサプリとラクトビオン酸

エクオール生産菌を持っていない人や、エクオール産生菌は持っていてるけれど、大豆製品を食べていて思うような効果が得られないという人は、ラクトビオン酸配合のエクオールサプリを試してみるといいでしょう。エクオールサプリは、エクオールを配合しているため、エクオール産生菌の有無には関係なく、エクオールを摂取することができます。また、ラクトビオン酸配合のエクオールサプリであれば、エクオール生産菌を持つ人にも嬉しい効果がありオススメです。

毎日大豆製品を食べなくてもエクオールを摂取することができ、手軽で継続しやすいのがエクオールサプリの良い点です。また、ラクトビオン酸が含まれていることで大豆イソフラボンやエクオールを吸収するのに大切な腸内フローラを整えくれたり、エクオールの産生を促す効果があります。また、カルシウムの吸収を高め、更年期においてリスクが高くなる骨粗しょう症の予防にも効果があります。

当サイトのイチオシ商品は?

どれにするか迷ったら、コレで間違いなし!

AMCのエクオールサプリは、エクオール研究の専門医との共同開発配合成分、安全性、人気、口コミ、どれをとっても文句なしのNo.1!

エクオール配合量は業界トップクラスの10mg配合。エクオール産生を助けるラクトビオン酸を配合しているのは本当に貴重です。

サプリメントとしての価格は高めです。しかし、「これでつらい更年期障害が楽になるなら安い買い物」と決意して購入される方も多数。原則、定期便でのお届けですが、初月解約OKなので安心してお申し込みできます。