エクオールの産生をサポートするラクトビオン酸とは

大豆イソフラボンから作られ、更年期障害の症状緩和効果が臨床試験により報告されているエクオール。大豆イソフラボンを含んでいる納豆や豆腐などの大豆製品を食べることで更年期障害がやわらぐというのは有名な話です。

最近では「ラクトビオン酸」と呼ばれる成分と同時に摂取することで、エクオールの産生を促す働きがあることが分かってきました。せっかく大豆イソフラボンを摂取しているのだから、より効果的なほうが嬉しいのですよね。今回はそんな更年期障害対策には欠かせない「ラクトビオン酸」について解説していきます。

注目を集める「ラクトビオン酸」とは

ラクトビオン酸はオリゴ糖の一種で、乳製品に含まれているラクトース(乳糖)が酢酸菌によって酸化したものです。さまざまな効果が期待されていた成分なのですが、最初は化学的に合成して作られていました。そのため、高価で安全性の確保が難しかったため、食品への活用が進んでいませんでした。

ところが、カスピ海ヨーグルトにラクトビオン酸が含まれてることがわかり、この成分を抽出することで、さまざまな食品への利用が期待されている成分です。

ラクトビオン酸の効果

さまざまな効果が期待されているラクトビオン酸には、大きくわけて3つの効果があります。

腸内環境を整える

ラクトビオン酸は、オリゴ糖の中でも難消化性オリゴ糖というものに分類されます。オリゴ糖には消化性のものと難消化性のものとがあります。また難消化性タイプのオリゴ糖は胃や小腸で消化、吸収されずに大腸まで届くという特徴があります。そのため、大腸で乳酸菌などの善玉菌のエサとなって、腸内環境を整えてお腹の調子を良くしてくれる効果があります。

骨粗しょう症の予防

ラクトビオン酸は、水への溶解性が高いため、カルシウムやミネラルなど本来なら水に溶けにくい成分を溶けやすくしてくれます。そのためカルシウムの吸収を高める作用もあります。これにより、腸内でカルシウムがより身体に吸収されるようになることで骨が丈夫になり、骨粗しょう症の予防につながるといわれています。

エクオールの産生を促す

更年期障害の症状緩和に効果があるエクオールは、大豆イソフラボンの1種であるダイゼインからエクオール産生菌と呼ばれる腸内細菌の働きによってエクオールへと変換されます。ラクトビオン酸にはエクオールの産生を促す効果があるため、大豆イソフラボンの効果をより高めることができると言えます。

ユニチカ株式会社『乳糖を原料とした新規機能性オリゴ糖「ラクトビオン酸」の開発』(外部サイト)

エクオール産生菌がいるのは2人に1人

エクオールの産生を促し、大豆イソフラボンの効果をより高めてくれるラクトビオン酸ですが、実は大豆イソフラボンからエクオールを作ることができるのは日本人のうち2人に1人と言われています。それは、大豆イソフラボンからエクオールを作るために必要なエクオール産生菌が、すべての人の腸内に生息しているわけではないからです。

エクオール産生菌が腸内に生息している人は大豆製品を食べることでエクオールを体内でつくることができますが、エクオール産生菌を持っていない人は、残念ながら体内でエクオールを作ることができません。つまり、大豆イソフラボンを摂取しても、更年期障害への効果がほとんどない場合もあるということです。

体内でエクオールを作れるかどうかはエクオール検査により調べることができます。郵送検査ができる検査キットがインターネットなどで販売されているため、気になる方はそういったものを利用するといいでしょう。エクオールは体内で必要な働きをした後は、尿と一緒に体外に排出されてます。そのため尿にエクオールが含まれるかを検査することで、エクオールを作れる体質かどうかを調べることができます。

エクオールサプリが有効

もしエクオール生産菌を持っていなかった場合は、大豆イソフラボンからではなくサプリメントでエクオールを摂取するという方法を試してみましょう。エクオールサプリは、エクオールだけでなく、ラクトビオン酸が含まれているものも多く、大豆イソフラボンを摂取していて効果が実感できなかった全ての人にオススメできます。

エクオール産生菌を持っている人でも、実はエクオールの産生は個人差がかなり大きいといわれています。これは人により持っている腸内細菌の種類などが異なるためです。そのため、エクオール産生菌を持っていて意識的に大豆イソフラボンを摂取している人でも、更年期障害に対して思うような効果が実感できない場合があります。そういった人にもラクトビオン酸を摂取することでより安定してエクオールを産生することができます。

エクオールとラクトビオン酸が含まれているサプリメントであれば、飲むだけで1日に必要なエクオールとエクオールの産生を助けるラクトビオン酸が一度に補給できます。毎日、大豆製品などから大豆イソフラボンを摂取する必要もなく続けやすいのもサプリメントの良いところです。

また、ラクトビオン酸はカルシウムの吸収を高めます。更年期障害の原因である女性ホルモン、エストロゲンの減少は、カルシウムが溶け出すスピードを速めてしまうため骨粗しょう症の原因にもなっています。思いがけない怪我などを防ぐためにもカルシウムをきちんと吸収することは大切です。カルシウムは鎮静効果もあるため、イライラやストレスによって興奮しやすい更年期症状にも効果が期待できます。

当サイトのイチオシ商品は?

どれにするか迷ったら、コレで間違いなし!

AMCのエクオールサプリは、エクオール研究の専門医との共同開発配合成分、安全性、人気、口コミ、どれをとっても文句なしのNo.1!

エクオール配合量は業界トップクラスの10mg配合。エクオール産生を助けるラクトビオン酸を配合しているのは本当に貴重です。

サプリメントとしての価格は高めです。しかし、「これでつらい更年期障害が楽になるなら安い買い物」と決意して購入される方も多数。原則、定期便でのお届けですが、初月解約OKなので安心してお申し込みできます。