この症状いつまで続く?更年期障害の期間

中高年の女性の頭を悩ませる健康障害として知られているのが、更年期障害です。人によっては非常に重い症状に悩まされているケースもあるのですが、症状はずっと続くわけではなくある程度の期間を過ぎれば落ち着いてくると言われています。そこで今回は更年期障害の症状が続く期間はどの程度なのか、その克服方法も含めて紹介します。

女性の更年期障害…気になる期間はどれくらい?

更年期障害そのものが始まるのは体質や生活環境によって異なりますが、基本的には閉経してからだとされています。そこから症状が徐々に出てくるケースが多く、症状が落ち着くまでの期間としては「閉経前後の5年間である10年ほど」だと言われているようです。これはあくまでも一般的な期間となっているので人によっては10年より早く更年期障害が落ち着く場合もありますし、それ以上の期間で症状に悩まされた人も少なくありません。

特に閉経が遅かった人の場合は閉経してから10年の期間があるので、60歳を超えてからもなかなか症状が落ち着かない人もいるようです。いずれの場合でも個人差はあるものの、遅くても60歳を超えた頃にはほとんどの人が更年期障害の症状が落ち着いているとされています。そのため症状が出てきたら、10年の期間を目安に続くものだと考えられています。

男性にも更年期障害はある!男性の場合の期間は

一般的に更年期障害は女性ホルモンの現象が原因なので女性特有のものだと思われがちですが、実は男性の場合でも更年期障害にかかってしまう人がいます。男性の場合は50代から60代頃に発祥するケースが多く、男性ホルモンであるテストステロンの減少が原因だと考えられています。症状としては抑うつ気分や性欲減退などのうつ状態のようなものが見られ、うつ病と診断された人の中には更年期障害だったケースもあるようです。

では男性の更年期障害の期間はどの程度なのかですが、一般的には「1年から2年程度」と女性と比較すると短い期間で症状が落ち着く場合がほとんどだと言われています。場合によっては7年から8年以上症状が続いてしまう人もいますし、1年未満で症状が落ち着いた人もいると言われているなど、こちらも症状が続く期間には個人差があると言えるのです。

更年期障害を乗り越えるコツ

更年期障害が続く期間は女性と男性では異なりますが、どちらの場合でも症状が辛いのは同じです。特に症状が重い人たちにとっては「いつまで続くのか」と不安になってしまい、うつ状態になってしまう人も少なくありません。症状を乗り越えるコツとしておすすめされているのが、過度のストレスを溜めないように生活するスタイルです。

ストレスは更年期障害の症状を悪化させてしまう要因のひとつなので、自分なりの気分転換を見つけたり症状を家族や職場の人などに理解してもらって配慮してもらえるようにするのが大切だと考えられています。周囲の人たちの理解を得るのは、ストレスを溜めないようにするだけではなく精神的な負担を軽減する意味でも重要です。さらに適度な運動をする、バランスの取れた食事をするなど規則正しい生活を心がけるのも大切ですし、それでも難しいのであれば病院を頼るのもひとつの手段としておすすめされています。

まとめ

更年期障害は性別によって発症する原因が異なっており、特に女性の場合はホルモンバランスがある程度落ち着くまでに時間がかかるため10年前後の長い期間症状に悩まされるようになります。男性の場合は女性と比較すると短い期間ではあるものの、症状としては軽いものではないため深刻な悩みに発展しやすいようです。そんな更年期障害が落ち着くまでの期間はただ悩んだり苦しんで過ごすのではなく、どのように乗り越えていくのかを前向きに考えていく必要があります。

家族や職場などの周囲の理解と協力を得ていくのはもちろん、自分なりにストレスを溜めないように過ごしながら必要に応じて病院の力を借りるのも必要な対処法です。更年期障害には必ず終わりがあるので、一人で抱え込まずに自分に合った対処法で症状と向き合う姿勢が重要となっています。

厚労省「大豆及び大豆イソフラボンに関するQ&A」(外部サイト)

当サイトのイチオシ商品は?

どれにするか迷ったら、コレで間違いなし!

AMCのエクオールサプリは、エクオール研究の専門医との共同開発配合成分、安全性、人気、口コミ、どれをとっても文句なしのNo.1!

エクオール配合量は業界トップクラスの10mg配合。エクオール産生を助けるラクトビオン酸を配合しているのは本当に貴重です。

サプリメントとしての価格は高めです。しかし、「これでつらい更年期障害が楽になるなら安い買い物」と決意して購入される方も多数。原則、定期便でのお届けですが、初月解約OKなので安心してお申し込みできます。